年末年始はスノーボード

年末年始は今シーズンも家族で雪遊びでした。昨シーズンはAPPI、今回はナクア白神(旧 鯵ヶ沢プリンスホテル)です。大好きな北東北シリーズで。おまけに今回はお馴染みの津軽です。新幹線で新青森まで行けるのも楽ですね。そこかしこで聴こえる津軽弁も心地良いです。^^v
ajigasawa-2014NewYear.jpg
お正月らしく餅つきとかイベントが準備されていて、気軽に楽しめるのもホテルの年末年始の良いところ。ここは温泉が最高! 日本海からの吹き付ける様な吹雪の中での露天風呂は筆舌に尽くしがたき快感です。^^/

雪質は当然最高でした。特に上の方はね。問題は寒さと強風だけですが、今回は最終日だけゴンドラが強風で運転出来ませんでした。でもそれ以外はとても好条件でした。
ajigasawa-ski.jpg

熟年ボーダーズ、kokotonMAMAとkokotonPAPA。kokotonPAPAは3年ぶりにスノボにしました。歳取ったら一枚の板で滑れるスノボの方がスキーより楽だよね〜。軽く気持ち良くカービングしてくれるからねぇ。
現代音楽聴くのも楽しいし、コンサートもgood。ギター弾くのも良い。時折のアウトドアになる野鳥撮影も悪くない気分転換です。
でも、車を弄って飛ばすスピード感やスポーツの無い生活は寂しいね。特に全身を使えて快感のあるスポーツ、思いっきり身体を動かす爽快感はホントに素晴らしい! 身体の具合が悪くたって、同年代の健常者?に負けないぞ〜。それが出来ないと、スパイスの無い料理みたいな感じだよね。ヾ^^
SnowBoard_kokotonPAPAMAMA.jpg
(上はkokotonMAMA, 下はkokotonPAPAです)

部屋も旧プリンスホテルのレイアウトなので、わりと広いです。温泉三昧と好きに食べて飲む。ここのビュッフェ形式の食事は地元素材も含めてとてもバリエーションが広いので嬉しいです。お酒は大好きな地元、豊盃が準備されてるしね。
やっぱり北東北はイイなぁ。とっても良い年末年始でした。

ご挨拶が遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。
 ↑ クリックしてね



テーマ : スノーボード
ジャンル : スポーツ

深大寺の素敵な風景

深大寺に住んでやっと7年くらいになるかな。自然が残って、世田谷(高級住宅地を除く 笑)より環境が全然いいね。
そんな中で見つけた素敵な景色です。

これはご近所の学校の裏側の道路。
深大寺の不思議#1
なんと道路に松と桜の木が! 春になると桜は満開で最高です。
実はこの小学校の南側の道路にも松の木がありました。でも道路拡幅で切り倒される事に....。ここは残って欲しいですね、車も通れますから。

こちらは神代植物園を挟んで西側のとあるお宅の庭。
深大寺の不思議#2
大通り沿いなので散歩するとすぐにわかります。miniが庭のオブジェと化しています。花に埋もれて行くnimi、とっても素敵なお庭でしょ。でも狙った訳ではないとの事。そう、実は先日、お知り合いの方のご実家と判明。話が盛り上がっちゃいました。ご本人はレストア予定だそうです。

深大寺界隈は観光地で住宅地。駅から遠いから不便なようで、過ごし易い。良いところです。^^v



北海道で蕎麦と言えば、「かしわそば」!?

道東撮影に行って蕎麦屋さんに入ると気になるのが「かしわそば」ですね。東京にはないですねぇ「かしわそば」。
まぁ 文字通りに鶏肉が入っている蕎麦なんですけど、これがどこでも似た感じで出て来ます。基本的に鶏肉だけ。ちょっとネギがのる、もしくは付いてくる。蕎麦ツユの味も似てる。
蕎麦は更科ですからツルッと白い。殆ど蕎麦の感じが無くて温かい そうめん(にゅうめん)?みたい。蕎麦ツユは鰹節の出汁が香る醤油味の効いたもの。

今回は二店行ってみました。
【福住】標津
ネギは薬味で出ます。シンプルでしょ。
fukuzumi-shibetsu01.jpg fukuzumi-shibetsu02.jpg fukuzumi-shibetsu03.jpg

【よしだ屋】中標津
このセット、油断して頼んだらミニのセットじゃなくて普通にカツ丼との組合せ。(汗)
yoshidaya-nakashibetsu01.jpg yoshidaya-nakashibetsu02.jpg yoshidaya-nakashibetsu03.jpg

と言う訳で、皆さんも北海道(道東だけ?)に行ったら「かしわそば」をどうぞ?! ヾ^^;


テーマ : 蕎麦
ジャンル : グルメ

恒例の北海道撮影

毎年恒例の冬の北海道の野鳥撮影へ。
例によって短気短期の撮影旅です。今年は釧路から入って北上して、羅臼へ。そして中標津空港からの帰路をとりました。

一泊目は川湯温泉の「忍冬(すいかずら)」さん。何年か前のお正月に使った旅館ですね。今回は楽天で選んだので部屋は、まぁこんなもんかな的な。食事もバリエーションも普通なら味もこんなもんかな的。(笑)
外観はヘボイ?けど、入口から先はとても洒落た作りになっています。
suikazura01.jpg suikazura02.jpg suikazura03.jpg

その近く、硫黄山の風景は思わず車を停めて写真を撮りたくなりますね。といってもiPhoneですが。野鳥撮影以外に一眼レフで撮るほど真面目じゃない。ヾ^^;
iouzan01.jpg iouzan02.jpg

二泊目は羅臼の民宿です。でも温泉は「峰の湯」さんで。羅臼では漁師民宿が食事も良くてお薦めです。でも温泉じゃないので、温泉は日帰り湯ですね。かの熊の湯は無料ですが、もろに外ですし洗い場も無いから今回はパス。旅館の温泉ならここがいいですね。熱いのは熊の湯と同じ。でもすぐに身体が慣れて、気持ち良さ抜群です。
rausu-onsenMINENOYU.jpg

民宿に行く前に夕暮れの海岸道路へ出て知床の冬の夕暮れを。湯上がりのこの寒さがまた最高!
rausu-yuugure.jpg

翌朝は朝日と流氷の中のオオワシ・オジロワシの撮影。ホントに寒くて死ぬど。
おなじみネイチャークルーズさんの船。これは朝4:30の港。この日はヨーロッパのツアーが入っていたのでスタッフが来る時間には着いて待ちました。二年ぶりに富良野のネイチャーフォトグラファー野口proと会って楽しい撮影になりました。状況は天気がよすぎて「イマイチだよなぁ....」と二人でボヤキ。(笑)
rausu-NatureCruise02.jpg
今年の羅臼周辺の流氷は接岸していませんでしたね。二三日前は接岸していたそうです。
rausu2013-winter.jpg

今年は不思議な物を三つ。
1) 標津の北にある廃墟、標津ニコライ亭。観光地には良くある風景かもしれませんが、羅臼に向かう335号線に有って国後を望む沿岸の佇まいはそのまま残されています。いつも気になる不気味さ。
haikyo-shibetsu.jpg

2) 野付半島にある漁師の番小屋、そこにあるトレーラー群。古いトレーラーを買い取って定置網を入れてあるんですよね。海岸に放置?してある物も有ったりしますが、これって不思議な風景ですよ。いっぱいあります。
teichiami.jpg

3) 熊ガラナと白熊ガラナ。白熊ガラナにカラメルを足したのが熊ガラナ。熊ガラナの方が、それっぽい。でもなんでガラナなんだろ? 前から不思議。
guarana.jpg

そして帰りは空港に入る前に温泉。中標津は市内に日帰り温泉がポツポツとあって、豪華な昼食バイキングとの組合せが堪能出来ます。実はこれも不思議なんだけどね。^^ゞ
と、まぁ今回も慌ただしい撮影でした。撮影の方はカワセミkokotonのブログの方にアップしていますので、ご笑覧いただけると嬉しいです。

genya.jpg






テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

大雪

大雪だ〜
20130114snow02.jpg

マンションに越してこんなに雪が降ったのは初めてじゃない?!
20130114snow01.jpg 20130114snow03.jpg

あけましておめでとうございます、のAPPIでした

APPI高原スキー場で、今年は新年を迎えました。
12-13APPI01.jpg

大晦日から年明けは花火大会! 年末は108発、年が明けるなり700連発の花火が打上りました。けっこうな迫力でしたよ。なんでも花火師の資格をもっているガソリンスタンド経営者の方がやっているとか、元旦の地元TVで特集をしていました。
普通はゲレンデ側の部屋なのに、今年は駐車場側だなぁ....なんて思っていたら、花火は駐車場。年末年始の人気は駐車場側だって!
12-13APPI02hanabi.jpg

元旦は風はあるものの晴れてくれて助かりました。ゆっくりゲレンデに出たら風も弱まり、気持ちよく。でも山頂は強風でゴンドラは動かず。残念〜。
一人娘ちゃんとkokotonPAPA。
12-13APPI04gelende.jpg 12-13APPI03futari.jpg

今回の宿泊はとても久しぶりにVilla3。20年くらい前にオープン記念で来た頃から使っていましたが、最近はもっぱらタワーでした。ゲレンデが近いからね。
Villa3だと、直接出られますが少々厄介です。久しぶりに利用したら、流石に随分と古くなった感じでした。
12-13APPI06villa3.jpg 12-13APPI07villa3.jpg

二日は大雪。でも風が弱まった帰り頃にはゴンドラも動き始めていました。^^;
12-13APPI05map.jpg

今回はスキー、でも昨年スキーの板は捨てちゃった。ブーツだけは持って行ったけどね。チンタラ滑るなら、APPI Villa3にはサロモンコーナーがあるから十分だね。^^v

ご挨拶が遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。


紅葉の深大寺を散歩

東京は紅葉が盛りですよ。
地元 深大寺でちょっくら紅葉狩りを。けっこうな人出でした。深大寺の門前周辺から境内も見事な紅葉でした。寒かったですけどね〜。ここへ来て急に寒くなりましたよねぇ。だから紅葉の色付きも良いのかな?
jindaiji-kouyou01.jpg

そのまま神代植物園の深大寺門へブラブラと。蕎麦屋さんの前も見事な紅葉。そして植物園のメタセコイアがオレンジ色に。
jindaiji-kouyou02.jpg

でも時間が経つに連れて雲が多くなって、いっそう寒くなって来た。
今日は夕方から冷たい雨、もしかしたら雪になるかも。12月に入ったからって、いきなり雪はないよねぇ。

テーマ : 東京23区外
ジャンル : 地域情報

戸隠の野鳥様子見と、戸隠牧場のカフェ・フルーリーさん

昨日は野尻に用事があったので、ついでに戸隠に行ってみました。戸隠と野尻って以外にも近い。
上信越道の信濃町ICが野尻で、そこから30分で戸隠。戸隠に野鳥撮影に行く時、以前は長野から飯綱経由で行ってたけど高速降りてから長いし、長野市内を通るから面倒だった。ちょっと遠回りだけど、このルートの方が全然楽なので使っていた。当時は高速料金1,000円時代だったしね。

植物園の様子も様変わりしてた。まず随神門の駐車場が この8月から有料化してた。道路反対側の数少ない無料スペースは速攻で満車!
人の流れも一変。以前は随神門へ向かう人よりも植物園に入る人の方が圧倒的に多かったけど今は殆ど植物園には行かない。みんな随神門。入口のお茶屋さん「なおすけ」さんも店舗新装ですっかり現代的。

野鳥? とりあえず手持ちの300mmは持って植物園に。時期が半端でしたからね。ゴジュウカラ、コガラ、アカゲラ、オオアカゲラ、くらいしか見ませんでした。撮影者もパラパラと全部で5,6人?
でも一部マナーは目を覆う。木道に三脚立てて寝そべって、少ない観光客の人に迷惑掛けても平気顔。座ってるんじゃなくて、寝そべってる.......。

閑話休題。
そんな訳で、野鳥撮影はすぐに切り上げて隣の戸隠牧場でお茶をする事に。
Cafe Fleurir さん。
戸隠牧場 フルーリー togakushi_cafe-fleurir02.jpg
とても長閑な感じでしょ。魔除けの鷹の爪も太くて大きい! これね、稲で編み上げてあるんだよね。
ケーキは長野だし、kokotonPAPA大好きなアップルパイ。スイートポテトも入っているね。甘さ具合も丁度いい。
togakushi_cafe-fleurir-cake.jpg

この時間、kokotonMAMAと二人だけだったので ゆっくり出来ました。
かかっている曲が気になったので聞いてみたら、ショパンは当たった(当たり前?)んだけど演奏者はわからなかった。
togakushi_cafe-fleurir03.jpg
イリーナ・メジューエワ。そうか、メトネルなんかも弾いていたよな。調べたら、現在日本を中心に活躍中とか。これは06年6月の富山県魚津市 新川文化ホールでのライブ。戸隠のペンションでも30人ほどの前でライブをやるとの事。
ショパンはピアニストの比較で聞くのにエチュードは買うんだけど、バラードはまず買わない。でも、これは素晴らしいね。買おうかな。^^;
メジューエワは日本人の旦那さんと日本に住んでいるらしい。

フルーリーさんの奥へ散歩すると、こんな気配が広がります。ピンぼけパノラマ写真だけど。
とても気持ちの良い時間でした。
togakushi_cafe-fleurir-bokujyo.jpg

調布駅の地上から京王線が消えた日

今年2012年の8月20日をもって、京王線の調布駅周辺の地下化工事が完了。地上から京王線が消えた。
京王線調布駅地下化

写真は9月になってからの調布駅の西側。
京王線調布駅地下化1 京王線調布駅地下化2

隣の布田駅周辺も含めて道路は楽になったね。これは、その数日前に車の中から撮影したお隣 布田駅の遮断機付近。iPhoneを準備している間に電車は行っちゃった、残念無念。(笑)
京王線布田駅地下化

kokotonPAPAが幼少の砌(笑)、新宿〜幡ヶ谷の間も京王線は地上線だった。今は笹塚から潜っちゃうので以前の線路跡は一部しか残っていない。深大寺に越すまで住んでいた八幡山駅も小学生の頃は地上駅だったけど環八開通とともに高架線になった。ちなみに環八の元になる道路は、荻窪街道と言って甲州街道から北側に伸びていたのだ。

もっと昔は、八幡山駅は少し新宿よりで松沢駅だったし、今住んでいる深大寺の近くを走る京王線の駅つつじヶ丘から国領にかけては線路がもう少し北よりだった。僅かながらの痕跡を見つける事は出来る。

時代と共にどんどん変わって行く。変化こそが時間であり時代なのだ。変化無くして存在意義は成さず。


テーマ : 東京
ジャンル : 地域情報

安曇野の隠れ家「ナカクニ」さんの食事

安曇野は10年以上前から良く行っているので、隠れ家はいろいろ知っているのですが、ここは初めて連れて行っていただきました。
ランチですね。前菜の夏野菜のゼリー寄せ(テリーヌ)と、夏野菜とサーモンのスパゲティです。
azumino-nakakuni02.jpg azumino-nakakuni03.jpg
前菜が素晴らしく美味しい。野菜自体にも下味が付けてあり、シャッキリ冷製です。これは逸品。そして自家製トマトソースの夏野菜とサーモンのスパゲティは、手作り感満点の上品な味付け。ドドーンと乗った大きなサーモンがこんなに合うとは思いませんでした。

そしてデザート。実は写真を撮り忘れてしまったのですが、この他にタルトとコーヒーが付きます。このタルトがまた旨い。kokotonPAPAは洋梨のタルトでしたが、絶品でした。ナカクニさんは「フランス菓子販売&お食事」とあります。
そしてなんと、これで¥1,200ですよ。信じられます?!

ただ、こんなお店ですからね。隠れ家っちゅうぐらいで。おまけに予約オンリーです。
安曇野ナカクニ
お店の裏はこの蕎麦の花。ちょっと良いでしょ。
azumino-nakakuni04.jpg


プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽

2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access