Mac mini に Audirvana Plus のみインストした音楽再生専用Macトランスポート

Macmini-AudirvanaPlus
先日Mac Proのバックアップ機として購入したMac mini (MC815J/A) 2.3GHzデュアルコアIntel Core i5、Mid2011梅モデルです。とは言え、Thunderboltも含めて新機能は全く使わない。
当面はHDDからの音楽データをDDC (hiFace professional)- DAC (Soul Note dc-1) へ アウトプットする為だけに使うオーディオ専用HDD-Macトランスポート。(Soul Note dc-1を使う際の注意点はこちらから)

ソフトはAudirvana Plus 。これ以外のソフトは後からは何も追加していない。デフォルトのソフトを剥がすつもりまではない。
音楽データはMac Proの増設HDDから引き出す。それ以外の目的も無いので2Gのメモリーのまま。(Mac Proのバックアップ時を想定して、8Gに変更するつもり。このメモリー安い!)
音はと言えば、当然ながらジッターが低減、S/N比が上がっている。ヌケの良い音が明確にわかるMac(PC)オーディオが楽しめる。これぞ望む世界。
問題はクロックだよな。DACへ行く前にクロックコントロールしたい。コンピューターのクロックは所詮オシレーター。Macのクロックを変更したい....が、そうは簡単にいく訳は無い。今はDDCにクロックジェネレーターを挟んで周波数を制御するパターンが主流。でもまだまだ途上だな。出来るなら、外付けクロックジェネレーターでDDCもDACも全て統一してコントロールしたい。現状ではストライクゾーンが狭すぎて一般人がオーディオに持ち込むには無理。
と言う事で、いまDDC+クロックジェネレーターに金を掛けても見合わない。それに現状のDAC dc-1は44.1kHzだしな。とりあえずOKなんじゃない?!

それよりなによりMac Proに何か起これば、バックアップ機としてソフトをインストして使用出来るのが一番! HDD-Macトランスポートとして復帰するときにはクリーンインストして使う。(Mac Proも不安いっぱいの稼働中.....でも)

次世代Mac OSX 10.8 Mountain Lion の情報も出てきた。今年夏発売予定で なんとintel CPUでも対応しない機種が出始めた! kokotonPAPAのMac Pro (Early2008)は、ギリギリセーフ。その前のMac Proは5年目にして早や対象外! 全くなぁ!

テーマ : Mac
ジャンル : コンピュータ

お家遊びでテレキャスターを買ってみた

腕は復活してきたから、とにかくそれなり まともなレベルの新品エレキギター(入門から初級用にステップアップ?!)を買ってみよう。という事で、今年の正月 池袋のフジゲンのショップで購入。NCTL-10M/ASHのテレキャスターType。
その途中にある有名大手楽器店で、フェンダーJPNとUSAのテレキャスも触って話を聞いた。でもどこまで調整してもらえるのか、対応してくれたベテラン(年配)の方からは要を得なかったし、あまり大きな音での感触は当然無理だった。安物USモデルのアメスタかJPNのフェンダーでも良かったんだけどね。アメスタなんてUSAったって合板だし。(笑)
まぁ少なくとも頭にFenderって入ってるから、インテリアにも良い。^^v

でも買ったのはこれ。made in Japan、やっぱり作りがきれいで良いよねぇ。
フジゲンのテレキャスター
フジゲンカスタムハウスでは試奏室があって、それなり音量で試し弾きさせてもらえる。とりあえずはJPN電装品仕様で購入する、安いからね。PUやなんかは保証が切れたらUSパーツに自分で入れ替えて遊ぶ。仕様がミリとインチで違うとかあるけど、そんなのお手の物。まぁ、USパーツが良いとも限らないが。
でも、何をやるにしても基本がキッチリと、丁寧に出来ているの一番が大切。その点、fujigenは安心かな。

試したのはシングルPUのオリジナル仕様と、上PUがハムバッカーのキースリチャードタイプの二つのテレキャス。そして比較用にシングル×3PUの標準的なストラト。
弾き易い。ボディーはテレキャスらしくAsh。音は憧れのテレキャス/シングルPUがやっぱり楽しい。ストラトの方がアンプでの音の作りは幅があるけどね。
弦高を下げてもらい、PU高さを唸らない限界まで上げてもらう。だから1弦側が高くて6弦側が低い、かなり斜めなPUセッティング。
きっちりと希望に合わせてくれるのがやっぱり嬉しいね。最後は新品のダダリオの009の弦に張り替えてくれる。正月休みの初買い。

自宅のアンプ(VOX VT20+)セッティングは、プリセットの音で色々遊んだら やっぱりマニュアル。アンプをVOX AC30(STD)に固定してエフェクトoff、ギターのボリュームだけでクリーンから歪みまで出せる様にする。これが標準セッティング。
一ヶ月弾いて感じるのは、良くも悪くもテレキャス系の音。ヴィンテージは知らないけど、華やかさとかボリューム感は無いね。サスティーンも弱い。でもそれがテレキャスらしくて嬉しいし、アンプである程度は自由になるよ。(部屋で弾くレベルで、Fenderのツインリバーブじゃないとダメ...とか意味不明でしょ)
弾き易いし日本製はやっぱり丁寧な作りだ。ネックがkokotonPAPAには太いが、感触がとても良い。goodだよね。^^v

Mavis MST-200は改造でそれなり弾ける。ノイズは大き目だがサスティーンなんかは確実に良くなった。でも役目は終えたね。それにFujigenだって、続けてりゃイイのが欲しくなる。続けて弾いていれば…..ね。(自分でもどうなるかわかんないから、すぐに高いのは買わないのよ)

派手目なカラーのFender Custom のストラトの中古かなんかかな。弄れるからね。ストラトタイプなら Suhr、Tom Anderson、あたりも検討の余地あり? せめて音色違いで2本は置いておきたい。
それならやっぱり音のボリューム感とサスティーンでレスポール? ギブのLP Classic (流石にCusutomは高過ぎ?)も気になるね。でも、ネックの品質的なハードルが高いのは今も同じかな?
もしくは、やっぱりオヤジエレキギターの大本命PRS?! PRSなら当然Custom24あたり。10Topじゃなくていいけどね。PRSはネックが丈夫らしいから中古でもイイね。エレキギターは自分で中身を弄れる楽しみが別にあるからね、それでOKだよね〜!



テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

石橋楽器の入門エレキギターMavis(MST-200)を買って思う事

初めてでも次のポイントさえ考えておけば安エレキギターでも十分大丈夫な事はわかった
初めての人は何が正なのかわかんないもんね。よくいる年寄りリベンジ組なら全然問題無しよ、えっ?kokotonPAPAみたいな。ポイントはネック。これさえ大丈夫なら後は自分でなんとか出来るでしょ。

ネック部分の不具合は致命的だから保証で調整・交換してもらう
 ◆-1. 音詰まり無い事(ハイフレットで音詰まりが無いかは自分でもわかるでしょ)
 ◆-2. 弦高調整によるビビリの無い事(通販で送られたのはとても弦高が高かった)
 ◆-3. 音痴でない事(ネックの捻れ、フレットの不具合、等)

それがクリア出来れば、あとは始めるのに十分なコスト! 本体1万円でお釣が来る値段だからね~。昔じゃ考えられン!
上記の部分は自分でわかる話だし、問題が見つかれば丁寧に対応してくれた。一発交換だったしね。
これは石橋楽器のWEB SHOPの話だけど、他の楽器店でも最近は丁寧に対応してくれるんじゃないかな。有名店ならばさ。実際にはお店に行って確認した方が良いとは思うけどね。
初めから、中開けて改造しますとか言っちゃダメだけどね。でも、それも含めて予定通りに1ヶ月と〜っても遊べた。一ヶ月一万円で遊べるなんて考えたら激安い! 中学生ならギターがどんなもんかはこれで十分に覚えられる。だいたいアコースティックよりエレキの方が簡単だしね。弾ける様になると、本当に欲しい自分スタイルのギターが何かもわかる。まともなのはそれから選んで買っても遅くないよ。
これは形はストラト。だけど流石に操作性や音はそうはいかない。ストラトは量産を前提にフェンダーが開発したから、安く作るには向いている。サーキットはピックガード裏にセットされてユニット。ネック調整もボルトオンネック自体でロッド調整のユニット。すでにモジュール化されて簡単に作れる様になっている。だから安ギターはストラトタイプなのよ。
これのおかげで最低限の手の動きは思い出してきたし、全然十分です。

これで石橋楽器の入門エレキギターMavis(MST-200)の話はお終いです。m(_ _)m
今は知人に貰ってもらい、お嬢さん(中学生)の元で頑張ってくれていますよ。^^/~



テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

石橋楽器の#Guitar "Mavis MST-200" のコンデンサーを変えてみる [調整 4]

前回ピックアップの高さ調整はしたものの、やはりトーンの変化は弱い。と言うかほぼ変化しない。セレクターによる変化も弱い。
そうなるとまずはトーンポッド用のコンデンサーが気になる。コンデンサーに関係有る無しは色々と出ているが、kokotonPAPAの感覚ではオーディオもPCのマザーボードもコンデンサーは大きく寄与する。ただ、Mavis MST-200を含めて殆どのエレキギターはアクティブ回路ではなくパッシブ回路でなので、確かにどこまで明確に効くかはやってみないとわからない部分もあるな。

Mavis MST-200 condenser
左はデフォルトで、グリーンのフィルムコンデンサーが入っている。それを定番オレンジドロップのコンデンサーに変更。
◆ここで一つ変わった事を
普通はシングルPUの場合は0.047μF、ハムバッキングは0.022μFを使う。しかし、あえてここはテレキャス系はシングルだけど0.022μFのチューブを使った。(写真:中)
この方が音の変化は大きいはず。VITAMIN Qも考えたけど、一個1,000円以上は高い。
まずは仮付けで交換。(写真:右) 何か不具合があった場合を考慮してね。

◆結果は
トーンポッドはあまり音変化無し。体感出来ず。しかし、PUのセレクトS/Wによる音は激変。みごとに位置別の音質変化が。
アンプセッティング クリーンで、柔らかなネック側からカリッとしたブリッジ側へと5セレクト通りの変化が楽しめる。
2個で1,500円チョイだからまぁお遊び兼ねてならOKじゃない。
しかし、このトーンポッドホントに250KΩなのかな.....??? もしくはアースがしっかり落ちてないか、弱いか。やっぱりアースの強化が必要かな。まぁ、とりあえずMST-200を弄るのはこの辺でお終い、まとめて?おこうかね。もう新しいのもあるし。ヾ^^;
MST-200 と NCTL
最後はチューニングをオープンGにして、6弦を外した。もちろんサドルも外す。キースの仕様にしてみたんだよね。えっ? それなら後ろにあるヤツだろうって? あぁ、でもねハムバッカーにはしなかったんだ。やっぱりシングルでテレキャスらしさの方が優先だよね。購入のいきさつはまた次の機会にね。

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

石橋楽器の#Guitar "Mavis MST-200" を弾くと指が..... [調整 3]

けっこう短期間で弾き込んだなぁ、左手人差し指と親指のネックを握る側がササクレだって来たぞ。指先も固くなって来た。
....????、待てよ。指先は良いとして、なんで指の腹がアカギレのササクレみたいなんだっけ? そんなの変だよな~。
ってネックを握って手を滑らせたらフレットにバリがあるじゃないの。それもフレット端が指板からはみ出しての小バリ。こりゃぁイカンぞ。
と言うわけで、前回のMST-200をバラしてみてから第三弾。
mavis MST-200 flet
しょうがないからまずはヤスリでバリ落とし。そして爪ヤスリ(ネイラーが使う使い捨ての棒状のヤツね)で丁寧に端部をまるめた。フレットからは若干はみ出し気味だけど、これ以上削るのは無理。丸めたから良しとしよう。まぁ、手間のかかるギターだね。

もう一つ。どうも音が細いんだよなぁ。トーンボリュームも殆ど効かないし。どれどれ、よく見たらPUが低い! 低過ぎだよね3mm以上軽くあるからねぇ。とりあえず音が唸らない程度ギリギリまで上げたよ。これでかなり良くなった。

手間がかかるが、その分が安い! 自分でやればタダだよね〜、全然OK。初心者なら良い勉強代だね。何か変だと思ったら、この時代ネットで調べれば何でも出て来る。ダメ元で自分の思う様にやっちゃえるのがこの安ギターのイイ処。半完成品を自分で完成させるって感じで行ってみたら良いんじゃない。
次回はコンデンサーの変更。チョッとイレギュラーだよ。

指板も弾き込こんで艶が出て来たり、フレットも削れが見える様になり光が出て来て、良い感じに成って来た。ちょっとフレットの減りは早い様な….
指もかなり思い出してチョーキングもきれいに一音を出せる様になって来たし。バッキングからペンタトニックのソロリフも自然と並べられる感じ。まぁそれなりに思い出して来たかな。

そうなると、そろそろ.....ねぇ。今日はこんな処へ行って来てしまった。右の扉が開いているのが試奏室。こもって弾き較べ。へっへっへ。
fujigen.jpg

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

VOX Valvetronix VT20+ :自宅練習用エレキギターアンプなら文句なし?!

安ギター(Mavis MST-200)はフレットの問題、音詰まり/弦高、さえクリアー出来れば、それなり弾くには十分OKと言ったんだけど、アンプもそれなりに鳴らないとね。音出してなんぼが楽器。エレキギターだったらアンプが左右する。オマケのアンプは...….流石にホントの”おまけ”レベル。
それでもゼロで始める人ならまずは全然OK! 弾いてみなきゃねぇ。 だけど多少成りと経験のあるkokotonPAPAにはキツかった。まぁセット価格が価格なだけに文句言えないけどね。^^;

で、買ったのはVOX Valvetronix VT20+。他に検討したのはMarshall MG15系とGreco GVA CUSTOM。

◆Marshall MG15は今はMG15CFになるのかな。MG15CFは、本来のMarshallのあの音は出ないね。ソリッドステートの小型だから。でもそれはそれで全然問題ないんだけどね。3トーンコントロールのクリーントーンにオーバードライブが乗っている仕様。悪くないよね。マーシャルのロゴもカッコいいし。とりあえず多少のオーバードライブが掛けられれば、まずは十分に楽しい音が出せる。う〜ん….

◆Greco GVA CUSTOMも中古で考えました。完全なチューブ(真空管)アンプ。古い人間はやっぱりチューブが良い気がするよね。でも、volume,treble,bass、しかない。これだとクリーンは多分いいだろうけど、歪みはボリューム勝負? そりゃ、部屋じゃ無理だからエフェクター。後でエフェクターとの相性やら何やらかなり面倒かな。ギターを選ぶなぁ、おもちゃギターだし…..

◆VOX Valvetronix VT20+は、内蔵でアンシミュとエフェクトが充実してる。何よりマスターだけでなくアンプ出力(W数)を調整出来るPOWER LEVELがある事。これこそが部屋アンプのポイントかも。プリ部分には一本とは言え真空管も採用されてる。
VOX Valvetronix VT20+
いろいろ音が作れるよ、エレキギターらしくね。音質は充分でしょ、アマチュアが部屋で楽しむ分には。
要は楽しく遊べるのよ、エレキギターってこんなに面白いんだ!ってね。
これならプリセットモードで色々な音がすぐに遊べる。
そしてエフェクトも一発でマルチ。オートのワウなんてリバーブとかいっしょに掛けたら、可笑しくて弾きながら笑っちゃう。無限に組み合わせがあるんじゃないかと言う程にセレクト出来る。後から専用フットS/Wもセット出来るよ。昔はこんなに面白いアンプ無かったよ。
まずはお家でいろいろやってみるんだったら何より安くてオールインワン的なこのアンプでOKでしょ。
小型のエフェクターを一つ一つ揃えて遊ぶのもありだけど、どうせ始めは何がなんだかわかんない。これで欲しいものがわかれば、気に入ったのを集めるのもありだよね。

◆アンシュミとエフェクトで遊んだら、やっぱりマニュアル!
それが出来きなきゃ困るよね。(笑)
ギターのボリュームで、クリーンから歪みまで変えながら弾きたいでしょ。いつもアンプで歪みの量をかえるのは面倒だし、その度にボリューム調整なんてうまくいかない。ライブでソロの時? 歪系小型ペダルをブースターに使って一発OKでしょ。(OD-2なんか使うね)
簡単にセットするなら次の要領もある。エフェクトは全部OFF、アンプはマニュアルで好きなのを選んでね。VT20+なら音量が低くてもアンプだけで歪むよ。

1)ギターのボリュームを最大10にする
2)MASTER を絞っておく(POWER LEVELは小さい方が安全w)
3)VOLUMEとGAINを最大に上げる
  ・後でこの二つのレベルを調整すれば、歪みも変わる
   (MASTERがあるアンプではボリュームは音量とはちょっと違うよ)
4)MASTERとPOWER LEVELで部屋で使える音量を決める
  ・本来音量はMASTERです
  ・POWER LEVEL が小さいと、MASTERでの歪みも変化します
  ・この辺を適当に調整
   (MASTERで上げても歪みが変化しないくらいのPOWER LEVELね)
5)これで、ギターのボリュームを下げると音量は変わらずにクリーントーンになる
  ・弾きながらギターのボリュームでクリーンから歪みまで変えられる

後は好きな歪み(VOLUME,GAIN)に調整。トーン(TREBLE,MIDDLE,BASS)も同じ。
最終的には、歪みの好みはエフェクトで調整出来るのがこのアンプの面白さ。クリーントーンを最優先にアンプをセットしてエフェクトで歪ませるとまた違うしね。
アンプの出力を変えられるから、部屋でセットしておけば学校に持ち込んでPOWER LEVEL上げるだけで、そのまま使えたりもする。

アンプをVOX AC30に固定して上のセッティング。基本的にエフェクトはoff、これが標準だね。後は弾きたいイメージによってエフェクト。
テレキャスでも音が伸びて楽しい。そう、テレキャスね。^^v

あれこれ考えて脳内スペックオタクになってる暇があったら、気に入ったのとっとと買って弾きましょ。巧くなると益々楽しくなるよね。理屈じゃ巧くならないからね。本読んで一生懸命検討してもスキーは滑れない。滑れなけりゃ良い板の機能だってホントはわからない。
ホントに欲しい物は、そこから決断しても遅くない!

それにしてもアンプ、本当に安くなって嬉しい驚きだよ。



 ↓ VT20Xにモデルチェンジしました




PS:流石にギターはfujigenを買いました。それに合わせてセットも見直し。なぜfujigenか? へへへ。

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

石橋楽器の#Guitar "Mavis MST-200" をバラしてみるか [調整 2]

買ったエレキギターはホントの初心者向けに販売されている石橋楽器のストラトキャスター擬(もどき)Mavis MST-200なんだよね。とにかく安いし、見た目での出来は十分。
30年のギャップを指が思い出す間にだけ使う事が目的だから、なんでも良かったのよ。弾いているうちに、具体的に欲しいモノが必ず決まるからね。どうせ良いものが欲しくなるに決まってる。それがフェンダー系なのか、ギブソン系なのか、made in JAPAN系、それともPRSの様な最近系なのか? 決まるまでこれで遊びましょ。^^v

でMST-200はと言うと、前回のレポート通りで返品一回、新品交換。帰って来たのはまずまず満足の品だった。今回はとりあえずネックを外して接合部の確認と、ピックガードを剥がして中身確認。何んっ~か、やっぱり凄かった!

まずはネックを外した。これだね。
メイビスmst200-1
グオォ! なんとシムが入っている! ネックポケットの面はガタガタで木屑が塗料で固まり着いている。木っ端の様な適当なシム入れて角度をマイナス(逆反り側)に持って行ってるんだな。まぁこのレベルの物なら、やらないよりやってくれた方がありがたいのは間違いない。まともに音階が出てなんぼだしね。
ネックはボデーからスカッと外れちゃう。おいおい ボデー側と1mm弱の隙!があるぞ〜、カタカタしてる。今回は準備していないけど、スペーサーを入れてキチッとしないとダメだな。
写真右のナット調整。3弦はキツキツ。他もギタギタ。使ってた弦で擦って引っかかりを無くす。2つあるガイドも角度を調整する。今回ペグはそのまま。一部遊びのないペグや遊びの大きなペグ有るけど、回転トルクは一定しているから悪くない。

ピックガードを剥がすと、次の写真の様になってる。当然ストラトだから裏にネットワーク系は貼付いている。エレキギターはサーキットって言う方が通じるんだったよね。
石橋楽器メイビスmst-200
とにかくキャビティー内は木屑だらけ。それも塗料でこびり着いてる。まぁ、我慢範疇だな価格から行けば。導電塗装も甘いよね、アルミ箔を次は貼ろうか。配線は整理されていない、半田はダンゴ、こんなもんかな。しかし、このフィルムコンデンサーは精神衛生上よろしくない。次はオレンジドロップのコンデンサーに交換だな。
驚くのは4枚写真↑の左下、黒い部分が剥がれて木が見える処に出ているのは木ネジの先端! 裏のスプリングハンガーの留めネジだ。凄ンごい!
もっと驚きはその右、ピックガードのネジ穴が二重にある?! 戻す時にわかったが片方はバカになっちゃってる。一度開けたんだな。後はフロントPU(ネック側)の留めネジもバカ気味でPUがグラグラする。とりあえず大丈夫な程度に締めた。

メイビスmst200-3
最後に組んでから弦をダダリオの.009にする。せめて最低これくらいは必要でしょ。まぁ、ご覧の通りでスプリングキャビティーの中も木屑で凄い。外さなければ良かった。(笑)

結果は、弦高調整で1弦で1.0mm~6弦2mmまで。気持ちビビる感じギリギリの線。オクターブ調整も簡単に終了。kokotonPAPAはアーミングしないからトレモロユニットは全6ボルト完全固定。だったらサステインブロックの前に何か突っ込んじゃっても良いんだよな、クラプトンみたいに。トレモロユニットのバラし調整はまた次の機会ね。でも、これだけでも確実に弾き易くなったし、チューニングの狂いや音出しも多少は改善されていると思う。弄くった分だけ愛着が沸く。

【結論】これじゃぁコイツ(石橋楽器Mavis MST-200)はダメなのか? いや、kokotonPAPA的には価格から行けば十分OK!

ただ、本当に初めてギターに触る人がハズレ(kokotonPAPAが一本目に引いたヤツみたいな)だったらどうなんだろう? 中学生くらいで必死こいて弾き倒し、友達と情報交換でも出来れば良いんじゃない。そう言う位置付けでしょ。要は入門用、ならば価格から行けばOKかいな?! 大昔?は一万円なんかじゃエレキギターなんて絶対買えなかった。2,3万でももっとかっちょ悪いヤツだったからなぁ。
若人入門者様以外、後はkokotonPAPAの様なジイさんリトライ組のお試し、一部の改造マニア、安ギターマニアと言った処? そこいらは、自分で適当にやっつけちゃうからOK。けっこうニーズはあったりして。

これを一流品と比較して兎や角言うのは幼稚にして笑止。片腹痛い。免許取り立てなら軽でも中古でも、まずは(安くて?)運転覚えられるのが先。そこからが車の楽しさでしょ。そりゃベンツの方がドライバビリティ・安全・全て良いに決まってる。でも初めにベンツ乗ったって、ホントの良さなんてわからないでしょ。もしかしたら、ホントはポルシェGT3が良かったって気が付くかもしれないし。あっ、そう言う人は両方とも買うか?!(爆)

話は変わるけど、オマケのアンプはキツいなぁ。ソリッドのエレキの良い所は多少ヘボイ音でもエフェクターとアンプでどうにでもなっちゃう処。それにアンプと合わせてエレキギターだし。^^;
アンプはこれだね。でもまだ修正する処が出て来るな、きっと。

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

Mavis MST-200 ストラト擬、まずは弦高だよね [調整#1]

音詰まりがあったので返したら、新品になって帰ってきました。
笑っちゃいけないけど、笑っちゃうくらい品質差がデカイ。今回来たのはフレットだけでなく、ペグやボリューム(ポッド)が全然良い。いやぁ、当たり外れは侮れず。で、弦高調整してみた。
弦高調性 mavis

あまり期待してなかった。前回品がデフォルトでいきなり弦高2.7mm(3,4弦)で音詰まり。まぁ、この手の商品じゃしょうがないか....だったからなぁ。でもこのレベルでハイフレット音詰まりじゃ、いくらなんでも酷いので楽器屋さんに「よろしく」って言ったら「了解~」。実に対応は親切だった。

帰って来たブツはかなり良かった。とりあえずチョロっとサドル調整しただけで1弦で1.3mm、6弦で2.5mmまで追い込めた。(12フレットね) あとはダダリオの弦が届いてから最終調整だね。写真は自分で撮ってるから斜めになってるよ。
楽器屋さんが、ストックの中からフレットの素直なヤツを探すって言ってたけど、満更嘘じゃない様だな。
どうせ直ぐに良いヤツ欲しくなるに決まってるから、手が思い出す間だけ使う。それだったら、ストラトタイプの初心者用が一番融通効きそうじゃんね。少し触ったら、Aのリフなら手が覚えてた。(笑)
とりあえずこれで全然弾き易くなった。始めに来たヤツなんか、ナットもいい加減でローフレットのオープンコードがキツかったくらいだからねぇ。
次回は一回バラしてトラスロッドの締まり具合とか、配線関係を調べて、弦の当たる部分をスムーズにしてみようかな。思い切り遊べ倒せるゾ。^^v

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

Aのブルースなら呼んでくれ

blackie_fake.jpg

チェロにするかなぁ、アルトサックスにするかなぁ....なんて言ってたけど結局はこれになっちゃうなぁ。
初めは忘れていても、かつては10年程の楽しみの期間があったから適当に手が思い出す。病気の関係で多少左がイヤだが。
久しぶりで恐る恐るだったけど、自分がハードピッキングだった事を思い出したら左手もフレーズを押さえ始めた。ピックが割れる様に叩く。左は勝手にチョークする。やっぱ楽しいわ。
Aのブルース進行なら何とかなりそうじゃん。でも、とりあえずフレットの不具合調整に出そう。え?何買ったかって?それはこちらから。(笑)

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

ヘッドフォン Sennheiser HD-650

本当は家で音楽を聴くのにヘッドフォンは好きではないんだよね。実際の音楽って前からやってくるもんだからねぇ。真上での演奏を聴く事なんて無いでしょ。木の上の鳥の囀りくらい。それだって頭上。頭の真上で鳴られてもっていう気がしてしょうがない。
昔からそう。だから以前はヘッドフォンは持ってなかった。iPodで聴く様になってからソニーのモニター系MDR-7506を購入したけど、あれは通勤用。でもあの時だってモニター系だとしても赤(MDR-CD900ST)よりも音楽鑑賞に向いている青(MDR-7506)を選んだ。密閉型で音漏れも少なく気持ち良く音楽を聴ける。
でも家で聴くなら開放型の方が良いに決まってる。で、この世界では標準器的なゼンハイザーのHD-650を購入した。
エージングもそれなりに行った処で聴き較べてみた。

ゼンハイザー HD-650headphones.jpg

MDR-7506より、そりゃぁ良い。でなければ困るよ。音数、音場の(横方向)広がり、ナチュラルな音。当たり前のごとくに違いがわかる。流石にMDR-7506は頭の中で鳴ってる感じだ。そしてやや固い音だ。でも、然程音楽に没頭するのでなければ関係ないかもしれない。こだわらなけりゃ十二分に良いと思うな。
HD-650が前方定位するとかネットに出ていたけど、そんな事あるわけない。(笑) 思入れじゃないかい。オープンエアな分だけ外に広がりが良いだけだと思うけどね。そんな事にエネルギー使うなら、その分色々な音楽を聴いた方が良いと思うんだが。
とりあえずこれで夜でも安心して音を聴ける。流石に良い音だ、頭の横方向周囲だけど。(爆)


プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access