ペリカン・スーベレーンM300が壊れた

悲しい事だけど、Pelikan Souveran M300 が4年で壊れました。後ろの40年以上の付き合いのペリカンとモンブラン達は現役健在のまま。
 pelikan_souveran_M300-broken.jpg
キャップから抜くために回したら、首から外れて(接合部剥離)います。

「古いものはイイ」などとは言いたくないのですが、たまたまにしろ現実です。直さずに綺麗に洗って保管しておきます。大切な万年筆ですから…



テーマ : 文具・事務用品・オフィス家具
ジャンル : ビジネス

ポケモンGOもすぐ飽きるw


20160802_090355000.jpgpokemonGO、流行り物には乗ってみるw
で日本でアップされた7/22当日DLして一週間、7/31に出た初バージョンアップでバッテリーセーブ機能が無くなったら、急にやる気も無くなっちゃった。

だいたい、ニックネームに抜けやすい名前付けちゃったからバトルに行けないよね。変更届出したけど2〜3週間後って言われたら、これまたやる気なし加速。

歩き回って集めるだけじゃぁねぇw
と言うわけで、そこからレベル16のまま立ち往生です。(爆)



テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

ジョン・ロブ John Lobb の修理、トゥ・スチールとヒール

靴の話を久しぶりに。
靴は愛着がわきます、特に革靴は長く履くと自分の一部になって行きますね。その場合、もちろんフィットした修理が必須です。
リペアはなるべくオリジナルが残る様にするのが好きです。特にソールはできるだけオールソールではなく傷んだ箇所をこまめに修理ですね。

今回は三足あるジョン・ロブの内の二足、トゥとヒールのリペアの話です。もう25年くらいは履いているでしょう。(もちろんローテーションで履く内の一足です)

ダービー (JohnLobb-DARBY 8695)
 JohnLobb-DARBY 8695
エルメス・ブラウンのダービー、ウィングチップですね。
レザー&スチール処理のトゥに、レザーのヒール補修です。トゥ・スチールは "ヴィンテージ" で、ヒールは飾り釘(化粧釘)は無しですね。
この手のビジネスシューズには ヴィンテージ が好きですね。

ジョッパー (JohnLobb-JODHPUR 8695)
 JohnLobb-JODHPUR 8695
ジョッパー・ブーツなら、個人的にはやっぱり黒。
トゥはスチール、ヒールはラバーの補修です。少々遊び心があるジョッパーなので、トゥ・スチールは "トライアンフ" です。

ちなみにハーフ・ラバーはジョン・ロブではやりませんね。本当は都会の道ではハーフ・ラバーの方が滑らなくて安全なのですが、John Lobb では好めません。^^ゞ

30・40代の若気のお年頃時代はトゥ・スチールのイヤラシイ感じで好きではなかったのですが、年を重ねると こういった風合いも悪くないと思えるようになるものですね。現実、つま先割れには効果が大きいのは事実ですから。
"靴は"綺麗にしておくと、いつまでも渋く長持ちするので嬉しいですよね。ヾ^^;


テーマ :
ジャンル : ファッション・ブランド

歩くのにも SALOMON トレイルランニングシューズ XA PRO 3D という選択肢

革靴好きなのですが、普段は古いNIKE DUNKシリーズのスニーカーを履いていますね。
でも最近 撮影で10,000〜30,000歩を毎日歩いていて足の疲れを感じます。そこで、トレッキングシューズなんかどうかなぁ、なんて調べたら都合の良さそうなのを見つけました。

サロモン Salomon XA PRO 3Dトレッキングシューズは普段使いにはゴツ過ぎ、ウォーキングシューズを見ていたらトレランシューズが良さそうです。デザインもいろいろ。ネットのインプレッションも参考にして買ったのがこれ。サロモンのトレランシューズXA PRO 3Dです。

ポイントは何と言ってもスニーカー並みの軽さと、適度なソールの硬さ、そしてクッション性ですね。要はどこを歩くのにもピッタリです。
カラーは多くの中から選べ、これはMETHYL BLUE/Light Grey -/BLACKです。

サイズの適応で言えば、多分殆どの人はジャストではないでしょうか。踵をピッタリ合わせてワンタッチのシューストリングQuicklaceを引けば、足の甲をフィットさせてくれて爪先を痛めませんね。歩くと良さが実感出来ます。(足を爪先側に突っ込んで履く人には小さいかな…)

SALOMON XA PRO 3D

カラーデザインは多いので着るものとのマッチングも良く、街中でも問題ないでしょ。^^
なんだか歩くのが楽しくなりましたね。
実はkokotonMAMAからの誕生日プレゼントでした。^^ゞ


テーマ : ウォーキング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

サントーニ Santoni の黄色いローファー:Yamane Deluxeとのコラボ

久しぶりの靴紹介、SANTONIです。イタリアの靴はお洒落ですよね。山根靴店(Yamane Deluxe)とのコラボの靴ですね。
santoni5210-YamaneDeluxe_YellowLoafer.jpg

型番号5210、素材は VITELLO ANTICO 510 と呼ばれるヴィンテージ風カーフです。これを気に入ったのは色、黄色に黒の色混じり具合でした。
カジュアルに使える革靴として、購入したのは20年前くらいでしょうか。グリーン系の靴を買いに行ったのに、これを気に入って即買いでした。
あまり出番が多い靴ではありませんが、ちょっと迷った時に便利に使うって言う感じですね。

ローファーは若い頃に買ったAldenの1979年製を二足(カーフの黒・茶)持っているだけで、後はこれだけ。イギリス系の靴でローファーは所有がありません。

長く使っている物と言うのは素晴らしいですね。愛着だけでなく、これを磨いたり履いたりする度に思い出が甦ります。


テーマ :
ジャンル : ファッション・ブランド

写真集:矢部志朗さんの「北の国のシマリス」

北海道で活躍されている自然写真家の矢部志朗さんの一番新しい写真集です。

北の国のシマリス / 矢部志朗



表情豊かで可愛いシマリスの様子が、いろいろなシーン・視線で表現されています。枚数も充実の内容です。
北海道の四季(冬は冬眠w)とシマリス、本当に美しく可愛いですね。
プレゼントや、小さなお子さんと見るにもお勧めです。^^v

P.S.:アマゾンのページでサンプル写真が見られます
   (amazonでのカスタマーレビューも高評価ですね)


テーマ : 写真集
ジャンル : 本・雑誌

ここが変だよ イタフラ車! ⇒ ルノー・メガーヌ RS、フィアット・パンダ 4×4

日本車に比べて というか一般的な現在の車と比べてやっぱりラテン系(フランス車やイタリア車)の大衆車は変ですよw
乗ってる人は知っている『やっぱ変でしょ、これって?! 』

◆Renault Megane3 R.S.

1) ドア下とボデー ドア開口下部になんでこんな物が必要なの
Renault-MeganeRS-DoorSensor.jpg ドアの開閉センサーでも仕込んでいるのでしょう、多分。でも普通はこんな面倒な事をして設置しないでしょ。
製造コストもかかるし、メンテ上だってやっかい。
何かあれば、当然ドアが閉まらなくなる可能性は高まります。開かない可能性だって同じでしょ。
(ポルシェのドアも同じだけど、ドア下凸は目立たず、受け側はスカッフプレートになってますよね)

2) エンジン切っても、暫くメータークラスターのライトが切れない
Renault-MeganeRS-EngOff.jpg エンジンOFFしても、5分しないとメータ周りの照明がoffになりません。駐車場で降りた車がメーター周りだけ生きてる。なんでしょうねぇ、この設定の理由は??!!
バッテリーが弱い時なんて、これで最後の一滴が終わったりして。
実はカードキーを本国仕様にして二重押しでロックするとシガーソケット電源以外はすぐに切れるんですよねぇ。

このBlogのメガーヌRS関連ネタ

◆Fiat Panda3 4x4

1) スモール・ランプだけ点灯しようとしても出来ない
fiat-panda_4by4-SmallLightLessSwitch.jpg スモールランプS/Wのポジションが無いのよねぇ。あるのはライトのon/offのみ。でもスモールランプはもちろん付いてますよ。なのに変でしょう、これって。
ちょっと暗くなったからスモールランプ点灯〜、って出来ないw
それだったらライトを点灯しろって言いたい訳?、要は。

番外) ディーラー設定の純正?ETCがダメすぎ (近所のディーラーですがw)
fiat-panda_4by4-ETC.jpg この時代に、これって何?
Frウィンドウ直付けで、おまけにこんなに小さいからカードは外から丸見え。コスト削減ですか?! だったら、このロゴを簡略化したらどう?
頼んだ時には教えてくれないから納車時には後の祭り。
まぁ車自体の事じゃないけど…

このBlogのパンダ4x4関連ネタ

これが可愛いって事もあるんでしょうねぇ、この手の車が好きだと。私の場合は あきらめですが…w
両方とも普通の人はあまり手を出さない車でしょうしね。^^;


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

ボルボの V90(965) ドライビング・インプレッション


ボルボ v90この前 乗替えた volvo V90,30E, 型式:E-9B6304W, 1998年式です。
先日 新蕎麦を楽しむ為に2日間で約750kmを走って来ました。940(945)からV90(965)に変更して初めてのロングドライブで走行性や居住性、燃費を確認 & インプレです。

volvo_V90_engine_ B6304両車ヨボヨボですが、V90のエンジン・フィーリングは滑らかで 走りは940よりもはるかに良かったですね。エンジンルームもきれい。
でも、アクセリングが重い・加速は延びない!

直6/DOHC/3000ccのポルシェ共同開発なんて実質上は戯言です。

同年代の直6 同系車 BMW525i(E34)ツーリングと比べても高速での走りは話になりません。
老体ボロボV90ですから空調系はいいかげん。ダッシュ回り電気系統は940もそうでしたが、本当に弱いですね。どこまで手がかけられるのでしょう?! それさえわかりません。使えないのか、はたまた金食い虫なのか、困りました。

volvo_V90_E-9B6304W_1998.jpgとは言え、足周りは年式相応でもロングホイールベースを生かした乗り心地の良さがありますし、ハンドリングももっさり系ながらFRらしい素直な切れを見せてくれます。

ミッションは化石の様な4速オートマなのですが、流石はアイシン。ZFのBMWを凌ぎ、繋ぎのショックは少なく気持ちよい走行フィーリングです。

そもそもシャキシャキ走る車ではありませんので、使い勝手からしてパワーも必要にして十分ですね。
心配された燃費も大人四人乗車で、山道もガンガン走った行き9.9km/L, 高速主体の帰り11.9km/Lですからまぁ予想通りでしょう。(E34より悪いです。街乗りは使っちゃ行けません。1.6tの重量級はストップ&ゴーが一番苦手、6km/Lくらしか走りませんよ)

好きなのは、このデザインと大きさ(長さ)です。ただの古臭いFRのボロボボルボに乗る楽しさ。室内も落着いたベージュの皮シートで、のんびり4人でドライブするにも良いですね。

kokoton_kakurega-Rikobo.jpgkokotonMAMAも運転が楽だったみたいだし、一緒に行ったお友達もゆったりで大満足の様でした。

この日は隠れ家へ一泊。とても良いドライブでしたね。

愛すべき旧車 kokoton III号なのであります。これ一台だけでと言う車でもありませんし、いつまで乗れるかもわかりませんが、大切に乗りましょう。

テーマ : 旧車
ジャンル : 車・バイク

この歳になったからこそパーマをかけるゾ!

「いい歳してまったく…」「何考えてんの?!」なんて声がチラホラ。
でも関係無し!
周囲は誰も否定しないんだよね。「やってみれば!!」「やっちゃぇ〜」的な。考えたら、"人生僅か五十年" の時代ならミイラにパーマかける様なものか。(笑)

年寄り パーマ面白いよねぇ、何でもやってみるのって。パーマ後の長さは耳下くらいなんだけど、けっこうお気に入り。

行きつけのヘアサロン、吉祥寺のTooMoo4さんでやったんだよね。TooMoo4さんはイケイケだから、パーマかけるっていったらもうスタイルは決められていて。

『これでいこうよ!』 的なノリ。マルコム・マクラーレンって誰?!
「林家三平になったらヤダなぁ…、すそはねぇクリクリってさ…」
『何言ったって、もう無駄だよ〜w 』
「又吉になったら変だよなぁ…」
『へへへ、もうまな板の鯉だからね ^^』

って感じでとっとと進んじゃいました。口とは裏腹に既にいろいろと考えていてくれて、場所によってロットを先に外したり、再度パーマ液を足したり赤外線でとか、やってくれました。その分時間もかかったりして。
「写真撮っとこう」って言ったら、椅子にのって上から撮ってくれました。回転椅子だからねぇ『お〜っとっと…』このノリ!!??

出来映え?! そりゃ最高! 楽しい! 帰り道はルンルンw
どんなになったかって?  そりゃぁ、会った時のお楽しみ。ヾ^^
何でも考えているだけじゃダメじゃない。そうか、歳は関係ないな。性格か。毎日が楽しいヨねッ ^^v

テーマ : 髪型
ジャンル : ファッション・ブランド

ボルボを V90 (965) に変更


volvo-940_V90.jpg趣味趣向の旧車 kokoton III号こと シルバーのVolvo940(写真左)、二ヶ月半愛車だったのですが使用目的がちょっと変更になったので車種を V90-3.0E (型式E-9B6304W) 1998年式にしました(写真右)。940 もとても気に入っていたんだけど…

もちろんご近所のビープラスさんで代替えです。当然機能関係はお任せ、内外装だけお願いしています。

3.0Eはベージュの室内、皮シートにウッディな内装、ダークオリーブMeのボデーもきれいです。実用オンリーで購入した940TACKとのグレードの違いは明らかです。

この2台、ボデー*は似てますが違うのは機能面ですね。V90はボルボ最後のFRですが、850, V70 でFF化を図った時代の技術が採用されています。その分、940に比べたらパーツは高くなり金食い虫になる事は違いありませんが。(笑)
*ボデーに関してはプラットフォーム(アンダーボデーの方がシックリ来ますがw)は違うそうです

eng.廻りはイグニッションコイルとディストリビューターと言った古典的な電装品が消えています。ECUからの信号によるダイレクトイグニッションですね。センサーが増えてトラブルに繋がる機会は増えるでしょうねぇ。

タイヤサイズは205/55R16で940と同じですが、ホイールはFF化に合わせて今の時代と同じ様にオフセットが大きくなり合いません。(940は15インチなら195/65R)

特徴的なリヤサス、横置きCFRPリーフマルチリンクでオートレベライザーの採用ですね。この時代のステーションワゴン、ベンツ(W124)やBMW(E34)にもオートレベライザーが採用されていますが、みんな技術が違います。V90はニボマットNivomatというメカ方式を使っています。
E34はパワステオイルを使っていましたし、いずれも今となっては面倒な事は同じですw

Volvo-V90-1998y-manuals.jpgとは言え、整備はキッチリしていて3.0L-DOHC-24Vエンジン(型式B6304)は直6で過去のノスタルジーを感じますし、4気筒2.4Lの940より遥かにスムーズ&パワフルです。ステアリングの切れ味、足周りも含めた状態も格段の差があります。

内装もより豪華で使い勝手が向上していますが余計な装備がないのは好みです。ただ一部のウッドパーツ(シフト周り)、やAピラー・トリム(L/R共)、ステアリングに痛みが酷いのは残念ですが年式からいって仕方の無い事です。それがボロ車旧車と言うものですからw

他の二台(kokoton I・II号)と合わせてみんな性格の違う車なので楽しい。歳が行ったらオールドな車を一台、と思っていたので満足ですね。古い車を大事に乗る、運転席に座るとその楽しみを感じられます。
でもこれが一番維持費がかかる?! (笑)

納車したばかりで、チョイ乗りしかしていません。しばらく遠出運転の予定が無いのですが、乗ったらまたインプレしましょう。
これで雪道いくか〜!?

テーマ : 旧車
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 150CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access