マーラー 交響曲 第5番 名盤・珍盤 170CD聴き比べ! [#7 / CD:101-110]

来週水曜日10月29日のズービン・メータ(Zubin Mehta)指揮IPOのコンサートを前にマーラー5番(Mahler's Symphony No.5)の聴き比べです。
メータのマーラー第5番 CD3枚は以前紹介済みですね。そこでも書きましたが、コンサートでは大ブラボーの予感。(笑)

今回#7は10CDsの紹介。まだまだありますが、3回以上録音を残している大物指揮者・有名盤 等はなくなりましたので地味になって来ると思います。


【参考】
 ★:名盤 (一般的いわれている…と思う盤)
 ☆:個人的お勧め
 ㊟:とっても変わっています

[リスト] 現状のMahler Symphony No.5 の聴き較べです (現在 #12回 170CDまで)
 #12:10CD
 #11:10CD
 #10:10CD
 #9:15CD
 #8:15CD
 #7:10CD 今回の紹介分です
 #6:14CD
 #5:5CD アバド追悼
 #4:20CD
 #3:25 26CD
 #2:20CD
 #1:15CD



ダニエレ・ガッティ, Daniele Gatti
Royal PO
[RCA] 1997
 歌曲を得意とするイタリア人指揮者D.ガッティが首席指揮者を務めたロイヤルフィルとのマーラー5です。
第一楽章・第二楽章
第一楽章から派手な展開を見せます。アゴーギク、ディナーミク、ともに揺さぶりを強くかけています。第二楽章もアップテンポで入りペースを戻します。劇情的な演奏ですが少々途中が息切れ感あり。嵐、そして時折の凪の様な第一部ですね。
第三楽章
入りこそ柔らかですが、すぐにテンポに揺さぶりをかけます。しかし一二楽章の様な独特な展開にやや欠けるのでしょうか、曲の長さを感じてしまいます。
第四楽章・第五楽章
アダージェットは弱音でスローに入り、ハープとのバランスも良いです。多少のアゴーギクは入るものの、やはりアダージェットは解釈の自由度が低いのかもしれないですね。悪い訳ではないのですが不釣り合いっぽい?ロンド-フィナーレもアダージェットからの繋がり感良くスタート、緩やかな流れからコーダはいいですね。
・・・・・
それにしても興味津々、鮮烈なテンションを最後まで引っ張れるかに掛かるシビアさを感じます。ライブで鑑賞してみたいです。




ヨエル・レヴィ, Yoel Levi
Atlanta SO
[TELARC] 1995-2/13, 14
 イスラエル人指揮者ヨエル・レヴィ(יואל לוי‎)と、音楽監督・首席指揮者を勤めた時代のアトランタ響です。アトランタ五輪の開会式と閉会式でも演奏しましたね。
第一楽章・第二楽章
葬送行進曲から第二主題にかけてナチュラルですが、後半は静的に展開されます。第二楽章もその流れで静的、緩やかな特徴的な第一部になります。
第三楽章
ここも全編 穏やか緩やかですが、唯一コーダだけは締めてかかりますね。
第四楽章・第五楽章
アダージェットも、とにかく静的にしてスロー。蕩ける様な甘美さでないのは良いのですが、やや飽きます。最終楽章、ここでも緩やかなまま進んで終盤の山場、そしてコーダを迎えます。スケルツォ同様、ここでもコーダだけは見事に締めて来ます。どうした事かアッチェレランドも不自然に感じるくらい決まっています。
・・・・・
アゴーギクを殺し、静的スロー主体のマラ5。よく冷えて入るけど炭酸の抜けたビールの様で、違う飲み物?みたいな。




ジェームズ・コンロン, James Conlon
Gürzenich-Orchester Kölner P
[EMI] 1994-8/31 - 9/2
 ヨーロッパで活躍する米人指揮者コンロンと、彼が音楽監督を勤めたケルン・ギュルツェニヒ管の演奏です。
第一楽章・第二楽章
葬送行進曲は重すぎず軽すぎず、第二主題への繋がりも劇的変化はありませんが適度にディナーミクを効かせています。第二楽章は当然の様に流れは同じですね。適度なメリハリで安心感のある第一部です。
第三楽章
優雅な展開に切替りながらも切れ味のある演奏のなですが、やや遅めなのが中だるみを感じてしまいますね。
第四楽章・第五楽章
アダージェットは特別に表情を出す事なく穏やかなのはイイですね。ロンド-フィナーレでは、お約束通りに徐々にテンションを上げて行きます。最後の山場からコーダにかけてはワクワクします。コンサートでもそうですが、ここがこの楽曲の一つのポイントでしょうね。
・・・・・
特徴はないかもしれませんが、その分 安心して聴けます。初めてマーラーの第5番を聴く人にもお薦めです。




アンドリュー・リットン, Andrew Litton
Dallas SO
[DORIAN] 1993-9
 米人指揮者アンドルー・リットンが音楽監督を務めた米国オケのダラス交響楽団の米国セットのライヴです。
第一楽章・第二楽章
陰鬱感の少ない明瞭な葬送行進曲、そして第二主題への展開で始まるマーラー第5番です。第二楽章はスピード感溢れる第一主題から情緒的な第二主題へと、基本は陰鬱感の少ない演奏になります。
第三楽章
この流れで予想される通りに優雅にして軽妙です。
第四楽章・第五楽章
アダージェットも表情を見せないクールさで繋がりに不自然さは感じさせませんね。最終楽章へはアタッカで繋がり、その延長上から上げて行きます。そこでは広がりがあり お約束通りの良い展開です。コーダへの期待を持たせながら、途中 多少のもたつきはありますが、ラストの山場を迎えて圧倒的なアッチェレランドで締めくくります。
・・・・・
CDの様にライヴで聴けたら良いでしょうね。独特のアゴーギクと明瞭感のマーラー5番です。




ハロルド・ファーバーマン, Harold Farberman
LSO
[VOX] 1980
 あのコープランドに師事した米指揮者ファーバーマンと、ロンドン響のマーラー5番です。
第一楽章・第二楽章
スローで抑揚の強い第一主題、悪くありません。第二主題は押さえ気味で対照的です。第二楽章は一転してスピードある第一主題と緩やかな第二主題の対比を作ります。この第一部は、コントラストの強い明瞭な主張が感じられますね。
第三楽章
それに比べるとスケルツォは平凡でダレますが、途中のアゴーギクはやはり特徴的ですね。
第四楽章・第五楽章
そしてアダージェットはスローで静、ややフラット気味に押さえた悪くない演奏です。最終楽章のスタートは押さえて入るのは良いのですが、これではフラット過ぎでしょう。スローなだけに、もう少し揺さぶりをかけながら上げて欲しい所ですね。コーダまでもちません。
・・・・・
第二部(第三楽章)・第三部(第四・第五楽章)が間延び的なマーラー第5番です。




ヤコフ・クライツベルク, Yakov Kreizberg
OP Monte-Carlo
[OPMC] 2010-9
 ユダヤ系ロシア人指揮者クライツベルクが51歳で亡くなるまで首席指揮者を務めたモンテカルロ管との演奏です。
第一楽章・第二楽章
取り立てた特徴的なパートはないものの安定した第一楽章ですね。音も悪くありません。第二楽章はやや変化があり、第二主題が あっさり、中盤以降ではアゴーギクを使った展開になります。
第三楽章
平凡、かと言って問題のこの楽章の増長感で飽きさせるわけでもありませんね。
第四楽章・第五楽章
アダージェットは速めの演奏で冷静、ディナーミクも薄めでクールな演奏で好みです。最終楽章は一転スローで入りながらテンポを上げて進みます。コーダもそれなりに締めて来ます。
・・・・・
全体は平凡ですが、諸処に一工夫のマラ5。オケの演奏も悪くなく、今ひとつ掴みどころが無いのですが、聴けます。一皮剥けたら面白そうなマラ5です。




モーリス・アブラヴァネル, Maurice Abravanel

Utah SO
[Everyman] before 1991
 米国ユタ州縁(ゆかり)のユダヤ系スイス人指揮者モーリス・アブラヴァネルが鍛え上げたユタ響とのマーラー第5番です。
第一楽章・第二楽章
奇妙でせっかちな第一楽章、楽器のバランスも不可思議なパートがあったり、オケのボリューム不足感が強かったり、そんな顔が処々に散見できます。第二楽章は、途中異常・異様に速いです。
第三楽章
ここも同様にカッ飛びですが、異常性は低いかも。
第四楽章・第五楽章
アダージェット、これが一番まともですね。やや速いのはともかく 安心して聴ける弦楽緩徐楽章になっています。最終楽章は速くてバラバラです。
・・・・・
演奏時間が61'50"と とにかく速く、おまけに第一部はとにかく変! ヘンテコ第5番の一角を占めますね。ジャケットに"Death in Venice"と入っているのもいただけません。変わり物マニアの貴方にぴったり!




ガブリエル・フェルツ, Gabriel Feltz
Stuttgart PO
[dreyer gaido] 2009-1/13
 ドイツ人指揮者フェルツが首席指揮者を務めたシュツットガルト管とのライヴです。
第一楽章・第二楽章
スローながら奇を衒った処のない第一楽章は演奏も良く好感が持てますね。リズムの転換を計る様に速いテンポで入る第二楽章ですが、第二主題からは落ち着いた演奏に戻します。流れは第一楽章と同じですね。
第三楽章
スケルツォらしい華やかさが伝わります。スローがベースで適度なアゴーギクは広がりがあり、コーダは見事に締めます。この楽章の持つ欠点?飽きを感じる事はありません。
第四楽章・第五楽章
アダージェットはやや暖色系の演奏ですが、ここでもディナーミクを押さえながらの緩く静かな流れがマッチしています。最終楽章は一転して速いテンポで入り上げて行きます。意外な展開ですが、コーダへ向けての期待を抱かせてくれる演奏です。個人的にはスローで組み立ててくれた方が嬉しかったですが...
ちなみにフェルツが問題にしたヴァイオリンのアウフタクトの件は、CDからは感じられませんね。
・・・・・
最終楽章以外は誇張を排したスローでシットリと落ち着いたマーラー5番、こういうのも悪くありません。特にスケルツォは出色の出来です。




大植英次, Eiji Oue
Orchester de Hochschule für Musik und Theater Hannover
[gutingi] 2003-6

  ハノーヴァー音楽大学の自主制作盤で、終身教授を任ぜられている大植英次指揮による演奏です。
第一楽章・第二楽章
重厚な葬送行進曲、第二主題もテンポを大きく変える事の無く通して重厚さの演奏です。途中やや締まりに欠けるパートが気になりますが。第二楽章もよしも悪しくも同様の展開、微妙に振られたアゴーギクにハッとさせる様な良さと凡庸さが交互しています。
第三楽章
癖の無い流れですが、かえってそれが退屈さに繋がってしまうかもしれません。技量を要求される静音での演奏が今ひとつなのは仕方ないでしょうね。
第四楽章・第五楽章
アダージェットも同じで、静音で淡々と流れて特別な意図は感じられません。それが良いか悪いかは別として。最終楽章も標準的に緩やかに上げて行きます。途中は淡々としていますが、コーダは少々荒々しく勢いで締めくくります。
・・・・・
一時期輸入元があり販売されていましたが、入手は難しいかもしれません。強音パートは溢れるパワーで勢いを感じられて楽しめるマラ5です。




チャールズ・マッケラス, Charles Mackerras
Royal Liverpool PO
[Classics for Pleasur (EMI)] 1990-1/11-13
 英国で活躍したオーストラリア人指揮者 Sirチャールズ・マッケラスと、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管による演奏です。
第一楽章・第二楽章
スローで行進曲らしくない第一楽章第一主題、というよりも この方が葬送らしいのかも。ディナーミクの出し入れが程よい緊張感を作っていますね。RLPOの管楽器の響きが良く、かのPhilharmonic Hallの音響の良さも手伝っているかもしれません。第二楽章も殊更の重厚性はなく基本サッパリ系で、バランスの良い出し入れの妙です。アゴーギクはやや強めですね。
第三楽章
スケルツォは軽快さ、ここでもバランスの良い演奏で飽きさせませんね。
第四楽章・第五楽章
アダージェットではディナーミク抑えめで静的で流れの良さを感じられます。最終楽章は地味にスタートしてゆるやかに登って行きます。コーダに期待を抱かせるというワクワク感は不足ですが。
・・・・・
バランスの良いマーラー5番なのですが、何か一味足りないような...






一つの曲でも、本当にいろいろな演奏があって楽しいですね。^^




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。

ご案内
カテゴリ
ありがとう