FC2ブログ

クルシェネク(Ernst Krenek)の「Jonny spielt auf (ジョニーは演奏する)」を聴く

オーストリア出身で、独・米で活躍した現代音楽家 エルンスト・クルシェネク(Ernst Krenek, 1900/8/23 - 1991/12/22) の代表作オペラ「Jonny spielt auf」ですね。先日サッリネンのオペラ「クレルヴォ」を聴いたので、ふとこれを思い出しました。



CDのジャケットが新しくなりました。


クルシェネク(クレーネク、クレネク、クシェネク、等々 日本語では様々です)は退廃作曲家として紹介されていますが、その作風は無調からジャズ、新古典主義・他、とにかく色々ですね。
Jonny...はジャズに影響を受けて、と言われますが具体的にジャズ的な和声はありません。


ストーリーは、荒っぽく言うとこうなります。ジャズバンドの黒人フィドル奏者 ジョニーがバイオリニスト・ダニエロのヴァイオリンを盗もうと画策します。それに絡むのが恋の鞘当てです。ジョニーの恋人イヴォンヌ(ホテルのメイド)、作曲家マックスと歌手のアニータ。そしてダニエロ。それぞれの恋愛観と嫉妬が絡む中、ジョニーが盗んだヴァイオリンの行方と全員の人間模様が展開されます。

歌詞は、見開き左右ページにフランス語、ドイツ語、英語、イタリア語が併記されています。歌はもちろん独語になりますね。情景や表情のト書きが入っているので、読みながら聴けばわかり易いです。


アニータは出だしからパワー全開的、はなからマックスとの重唱です。曲調は特に抽象的な現代音楽ではありません。かといって所謂オペラらしい主題や旋律があるわけでもないですね。
パート1シーン2でのピアノが現代音楽らしい調べを流すくらいです。
恋人同士、アニータとマックス、イヴォンヌとジョニー、歌詞は英訳ではベタベタの恋愛ものです。
シーン3の入りではデキシーっぽい演奏が入りますね。ジャズっぽいのは、そこだけです。後はパート1終了で、ガーシュインぽいフレーズがありますが。(ガーシュインは2歳年長ですが、どうでしょう)
イヴォンヌのソプラノは可愛い声ですね。
イヴォンヌはダニエロに、そのダニエロはアニータに惹かれるのがいい男、いい女という基準なのも笑えます。
・・・・とまぁ、三文オペラ風な話と掛合いです。

パート2になると、ややシリアスになります。入りのパート2シーン1,2のマックスなど、演奏も歌唱も"それらしい"ので良いでしょうね。ソプラノはソプラノらしく、アルトはアルトらしく歌い上げています。シーン5、ダニエロが線路に落ちるまでの展開では熱唱に緊張感と迫力があり、思わず引き込まれてしまいます。パート2の方が遥かに良いですね。パート2だけなら?かなり良い作品の気がします。



全体としては、調性を超えるでもなく、ジャジーな風でもなく、息も継げない名アリアがあるでもなく......クルシェネクの代表作にして人気を決定付けた作品の面白さがどこにあるのか、舞台が無いとどうも伝わりません。やっぱりオペラは音楽と演出の両輪があっての作品ですから、音楽だけでというのは現代音楽オペラだと尚更中途半端な感が拭えないのかもしれませんね。
(現代音楽のオペラで歌も音楽も前衛というのは記憶にありませんね。シュプレッヒゲザングでノイズ系電子音楽のオペラがあったら見てみたいですが、最後まで気力がもたないかもw)



一般的には新時代と旧時代(マックスやダニエロの死)との対比を背景にこの楽曲を捉えるのが普通で、確かに小沢征爾さんのウィーン歌劇場デビューでもそんな事を表現する様に出来ていた様です。やっぱり機会を見つけて舞台で見たいですね。

サッリネンの「KULLERVO (クレルヴォ)」、クルシェネクの「Jonny spielt auf (ジョニーは演奏する)」、とくると個人的には コッコネンの「The Last temptations (最後の誘惑)」が当然の様に浮かびますね。どこにあったっけ…



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

Author:kokoton
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。




カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう