山田和樹/日フィル の コンサートの前に R.シュトラウス のドン・キホーテ を聴き比べておこう

今年はリヒャルト・シュトラウス(Richard Georg Strauss, 1864/6/11 - 1949/9/8)の生誕150周年なので、一回はコンサートに行こうと思っていましたが今ひとつ触手が動きませんでした。でも9月12日(金)に山田和樹指揮で、行く気が起きましたね。

そこで事前に、メインの 交響詩「ドン・キホーテ(Don Quixote) 」を聴き比べておきましょうか。この曲は区切れ目無く構成されているので、ドン・キホーテの物語との展開が聴き分けずらいのが問題です。
思い切り標題音楽ですから、物語そのものです。ドン・キホーテ(チェロvc)、サンチョ・パンサ(ヴィオラva)に役が振ってあります。従って音楽とストーリーを関係付けできないと、何も知らないでオペラを聴く様なもの。これはいけません、絶対音楽じゃないんですからねぇ。
特徴的なパートを覚えているので、コンサートでも大丈夫でしょう。聴き易いのは「英雄の生涯」だとは思いますが。(笑)

■シュトラウス/ バイエルン国立管弦楽団 (1941年) DG
 今年発売になった、本人指揮を集めた7CDsetの#7に入っていますね。この時代の録音としては音も十分で、本人の意図した演奏が聴けるのは何よりです。特にR.シュトラウスは指揮者としての活躍が生涯のメインでしたから。
妙な言い方になりますが、古臭い演奏ではありませんね。特に古い演奏は、録音の問題だけでなく、テンポ(アゴーギクだけでなく、ディナーミクも含め)に違和感を感じる事が多いのですが。
そして当然ながら、交響詩でストーリー性の強調をする為にvcとvaにソロ性を強く持たせています。まるで二人の会話の様です。また、シュトラウスが考案した金管楽器のフラッターは強烈ですし、ラストの終焉も一番"らしい"です。なによりオリジナルが聴けるのは嬉しいですね。




■カラヤン/ BPO (1965年) DG
 言わずと知れたカラヤンです。オケでは管楽器を際立たせて、ヴィオラとチェロを歌わせるのは流石です。テンポもゆったりとして二人の会話にフィットしています。将に標題音楽らしさを見せてくれていますね。特にフルニエのチェロは素晴らしいです。
録音が全体的にシャキシャキとしていて やや疲れますが、重厚壮大さがストーリー性を強く引き出しています。その分、各章の意味合いがとてもわかり易い安心感もありますね。
カラヤンはあまり好きではないのですが、得意とするシュトラウスだけに納得です。
カラヤンは、次のEMI盤の後にもう一度DGで録音を残しています。(未所有です)




■カラヤン/ BPO (1975年) EMI
 ロストロポーヴィチをvcに迎えてのカラヤンBPOの録音です。前出EMI盤よりも洗練された感が強い演奏ですね。重厚壮大ではなく、優美で華やかです。それでも羊のフラッターなどは描写感の強さが伝わったりして楽しいです。
特筆すべきは、言われる通り ロストロポーヴィチのチェロでしょうか。陰影強く朗々と響き渡る迫真の演奏で、まるでチェロ協奏曲の様です。BPOの演奏もそれに応えて切れ味の演奏ですね。ロストロポーヴィチは最終Finaleで、まるでドン・キホーテである様な見事な切れ味を見せてくれます。
上記DG盤が圧倒的な標題音楽強調型なら、EMI盤はやや音楽性強調になっているのでしょう。個人的には、こちらの方が好みです。




■ダーリントン/ デュースブルク管 (2009年) ACOUSENCE records
 kokotonPAPA 強烈お薦めのユニット、Jonathan Darlington(con.), Duisburger PO [ACOUSENCE classics]です。標題音楽性は、これが一番薄いです。この手の楽曲は、マーラーなんかもそうですが、録音が良いとますます冴え渡ります。そして例によって、メリハリの強さはこの楽曲にはピッタリですしね。
ただ、vcとvaは然程前面には出て来ません、というよりもそれ以上にオケが強いので好き嫌いが出るかもしれません。とは言え、パルダル(Friedemann Pardall)のvcは円やかでシックな音で奏でています。個人的にはこれが一番ですね。



さて、当日はどうでしょうか。楽しみですね。


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 150CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access