オペラ:カルメン 2014年ヴェローナ野外劇場

NHKのプレミアム・シアターからですね。本年2014年6月21日 ヴェローナ野外劇場でのカルメンです。
いやぁ、良い時代になりました。ヴェローナが自宅で楽しめる訳です。(そりゃぁ現地とは果てしなく違いますよ)

第一幕の前奏曲からカルメンとわかり、全シーンが頭に浮かんじゃいますよねぇ。それが、このオペラの素晴らしい処じゃないでしょうかね。
屋外のコロシアムで、オーケストラピットの両サイドにもステージを仕立てたスケールの大きな舞台に、馬や馬車はでてくるわ、バレエ団は踊るわ、ヴェローナらしい豪華な演出も十分に楽しめました。
Opera-Carmen_at_-VERONA2014.jpg

ただ、第1幕〜第2幕前半はつまらなかったかなぁ。と言うのはカルメンとドン・ホセの二人がメインのこのシーン。二人がそろって太っちょさん。これは苦手なパターンw
二人とも演技はうまいんだけど、見た目が重視されるとキツイ。ドン・ホセ役のカルロ・ヴェントレのテノールは良いんだけどね。

一番良かったシーンは、第3幕後半のミカエラのアリアですね。イリーナ・ルングのソプラノは素晴らしかったです。この舞台で最高のアリアでした。ロシアの歌姫で美人、イタリアのオペラなのでちょっと気配が違いましたが。カーテンコールでも一番の拍手喝采を受けていました。
気配違うと言えば、東洋人が出て来るとどうも違和感を感じるのですが、スニーガ(竜騎兵の隊長)役の チェ・スンピルは眺めも声も良くて違和感は少なかったですね。
この二人が当りだったかな。

例によって有名曲が並ぶ訳ですが、闘牛士の歌(トレアドールのアリア)や闘牛士の入場の曲など、実はエスカミーリョが曲の主役っぽいのもお馴染みですね。
わかりきったストーリーは、今回はどんな展開だろぅ?っていう楽しみがあります。^^v


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。

ご案内
カテゴリ
ありがとう