ラフロイグの セレクト・カスクを飲む 〜本音とウィスキーの関係〜

自信もって、好きな事・好きなモノって言える?

アルコールで一番好きなのはウィスキー、そしてスコッチ、その中でアイラ系、ならばラフロイグ(Laphroaig)......なんて書くとイヤラしい感じがしちゃうよねぇ。
でもねぇ、歳を経るといろいろと積み重ねたマインド・データがモノを言う。結局、20代の時に飲んでいたウィスキーに原点回帰しているだけだね。そして、データ蓄積から、ラフロイグが自然と浮かび上がって来たんだ。ごく自然に。
だから音楽でもな〜んでも、今になって自分が本当に楽しめるものが何だか、自信をもって言えるよね。本音の度合いが違う、それが歳を取るって事だよ きっと。歳取るって悪くない。だからラフロイグ。


そのラフロイグに新しい仲間が加わりました。
今年(2014年)の6月24日からオフィシャルに日本展開された新しいLaphloaig、Select Cask ですね。
Laphroaig2014SelectCask.jpg

公式ページの案内では、『ペドロヒメネス・シェリー樽、ヨーロピアンオーク・シェリー樽、バーボン樽で熟成された多彩な原酒をヴァッティング。さらに、ヴァージン・アメリカンオーク樽で後熟することで、スモーキーな香りと甘美な味わいを実現しました。』とあります。

要はヴァッテド・マルチカスクって事ね。シェリー樽って言うのが気にかかる処ですが。さて、飲み比べは我家の標準ストック、Quarter Cask になります。スタンダードの10yoが今きれてますので。(笑)
Laphroaig2014SelectCaskQuarterCask.jpg

アルコール度数が違うとは言うものの、やっぱり予想した通りでセレクト・カスクはラフロイグらしさが薄れていますね。もちろん旨いのですが、アイラが苦手な人でも手をつけ易くなった様なマイルドさです。とは言ってもアイラから逸脱している訳ではないので、悪くは有りませんね。

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽

2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access