ウーノ・クラミを FINLANDIAレーヴェル Meet the composer で聴く

以前も紹介したフィンランドの現代音楽家、ウーノ・クラミ(Uuno Klami、1900/9/20 - 1961/5/29)の Meet The Composer シリーズの一枚(邦題:ウーノ・クラミの個展 / CD2枚組)です。
とは言え無調ではないので北欧系管弦楽の楽しさを味わうにはちょうどいいですね。北欧ロマン派とでも言う楽風から、1924-25にはフランスに渡り、その影響もあります。ベースはカレワラ(Kalevala) と呼ばれるフィンランドの民族叙事詩が元になっていると言われていますね。それだけではなく、協奏曲では調性感の薄い楽曲も手がけます。不思議な音楽家です。
昨日に続けてのFINLANDIAレーベルの Meet The Composer の紹介になります。

一曲目の All' ouverture Op.43 (1951) は将に後期ロマン派と北欧系のマッチしたロマンチックで雄大な管弦楽です。
二曲目 Sea Pictures (1930-32) 「海の情景」は代表曲の一つで、民族音楽的傾向の強い6楽章からなる小管弦楽曲です。背景にカレワラがあるのでしょう。幻想的で美しい楽曲です。6曲目はフランス、特にラヴェルのボレロ、の影響を強く感じさせてくれますね。
三曲目はそのものズバリの Kalevala Suite Op.23 (1943) 「カレヴァラ」組曲になります。もちろん代表曲の一つで、5楽章からなる繊細かつ雄大な楽曲です。透明感もあり良い流れです。最終楽章はコーダに向けての迫力が素晴らしいですね。
四曲目以降が2CDになり協奏曲集です。 Cheremissian Fantasy Op.19 (1931) は 実質的にはチェロ交響曲になります。同年に作られた二曲目と同じく民族音楽的要素が強く感じられますね。
五曲目の Violin Concerto (1942) では調性感の薄さを感じさせてくれます。しかし、それ以上ではなく やや中途半端な感は否めませんね。オケとの協奏感が弱いせいかもしれません。そういう意味からは第三楽章Allegroが一番いい感じですね。
六曲目の Concerto No.2 for Piano and String Orchestra Op.41 (1950) は前回 舘野泉さんのピアノで紹介しましたが、こちらの方がより調性感の薄さと惹き付けられるものを感じます。この楽曲ではピアノが弦楽団との対比でよく浮かび上がるのですが、ピアノのタッチ(打鍵の強さ)は本盤の Juhani Lagerspetz の方が好みですね。前出とは逆に第二楽章より第一三楽章のドライブ感の方が素晴らしく感じますね。このCDの中で出色の出来です。この曲の為に購入して惜しくありません。

バリエーション豊かな楽風なのですが、独特の和声カレワラ(Kalevala)の民族性を強く感じる音楽がクラミの個性ですね。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access