2014年6月29日 高関健/東京交響楽団のシェラザード・他 at 府中の森芸術劇場 ★

本当はミッキーこと井上道義の指揮を楽しむ為に手配したチケットでした。氏のスローにして締まりのある演奏は好きですね。変更になった高関健/東響を楽しみに、雨も酷い悪天候の中、府中の森芸術劇場「どりーむホール」へ行って来ました。会場前は雨がやんでいましたね。
20140629fuchu-no-mori_geijyutsugekijyo01.jpg 20140629fuchu-no-mori_geijyutsugekijyo02.jpg

◇ピアニストに若手、28歳のアンドレイ・コロベイニコフ(Andrei Korobeinikov)を招いたラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番。コロベイニコフはアシュケナージ指揮でも演奏しており、レパートリーですね。
ヴィルトゥオーゾ系の本領発揮を期待したのですがやや期待外れかな。コンチェルトとしては大編成なオケをグイグイと引っ張り切れ味よく、とは行きませんでした。
オケもフラットで編成を生かすまでは行かずに この曲の真髄(個人的な)を感じる事は出来ませんでした。
第二楽章始めのクラリネットとピアノとの駆け引きでは、緩徐楽章なのですがクラが硬すぎ、等のチグハグも感じてしまいましたねぇ。

◇リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」は劇場的なメリハリが好みですが、アゴーギク不足と言うか"間"が今ひとつなのか、迫るものが伝わりませんでした。
シエラザードを表すヴァイオリンに被るハープは、あんなにガシガシひっかいてはいけません。コンマスのvnも処々でミスっていたのも気になりましたね。
まぁ両者とも演奏に破綻が無かったから気になるレベルですが。

二曲とも、フラットに感じるのは高関さんの解釈なのでしょう。残念ながら、好みではなかったかな。

20140629fuchu-no-mori_geijyutsugekijyo03.jpg

コンサート向きの派手な楽曲二曲が並びました。満艦飾的な演奏を並べられたらドッと疲れますが、今回は消化不良っぽかったですね。^ ^;

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access