ギブソンのレスポール、2014年モデル, トラディショナルを買ってみた!....ら

結局Gibsonの Les Paul、2014 Traditional (Honey Burst) を購入しました。決め手になったポイントは新たに採用された『New '59 Tribute Humbucker』ピックアップです。

GibsonLespaulTraditional2014_01.jpg GibsonLespaulTraditional2014_02.jpg GibsonLespaulTraditional2014_03.jpg

レスポールと言えば “マイク・ブルームフィールド(Mike Bloomfield)“。M.B.と言えば'59年LP。何をターゲットに新しいのを買うか決まらず 二の足を踏んでいたのですが、これで背中を押された感じ。オールラウンドも良いけど、やっぱり個性で行くぞ、ってね。

実際には似て非なるもの(ホントの'59知らないしw)でしょうし、どうせ改造しなきゃ気が済まない。価格もこなれているし、これなら遊び倒すのに惜しくない。^^;

【インプレッション】
とりあえず同じレスポールのレギュラーラインで弾き比べてみました。
  ・アンプはマーシャルのチューブJVM205C
  ・音はクリーンです。歪ませたらわかりません ^^;


◇2014 Standard…まずは同じ今年のSTDです
  1.持った時のバランスがいいです。座って試奏でね。
    軽い事もさることながら、これはいいかな。
    (モダン ウェイト・リリーフでボデーを削ってるからね)
  2.ネックが真っ平ら。これは好みじゃないんだな。
  3.音は言われるほど悪くないよね。レスポールらしいハムの音色。
    全然悪くない。単独で聴いたらマニア以外にはアンプの差?!

◇2013 Traditional…ピックアップ違いの昨年のTRDです
  1.重いし、バランス悪いよ。100%ソリッドだからねぇ。
    個体差のバラツキが大きい? 同モデルでも重さはまちまち。
  2.音色はメリハリがる感じかな。'14 Standard に似てる。
    素直に行くなら、こっちの方が好み?
    でも、それなら'14STDじゃない?!

◆2014 Traditional...今回購入品
  1.重さ・ネックシェイプは'13トラディショナルと同じ感じだよね。
  2.音は低音がまろやかでメロウ、高音との落差がすくない感じ。
    上記2機とは明らかにちがいます。
    "そう言う事か!" でこの瞬間これに決ッ定〜!

標準の弦高だと高くて弾きづらいかな。指板の滑りが悪い? まぁレスポール使った事無いし。^^;
しかし、アンプ替えたりエフェクターを通したらブラインドで言い当てられる人って本当にいるのかなぁ?

【2014 LesPaul Traditionalの特徴】
 ○ ギブソン伝統のバインディング処理
   →古臭いけど、この方が雰囲気だよね
 △ 落下を防ぐ新しいストラップピン
   →信用出来ないけど、ヘッドがデカイw
 △ ナットはGraph Tech製
   →微妙? セットが悪ければ意味なし
 ○ ハードケースが茶色に戻った
   →黒じゃねェ
2013年のスペック引き継ぎ項目もポイントですね
 ○ 繰り抜きのない”100% ソリッドボディ”
   →個人的には、何と言ってもこれです!
 ○ Custom Shop製1959Les Paulに近いネックシェイプ
   →かなり太いけど、雰囲気
 △ お約束のオレンジドロップ キャパシタ
   →まぁ普通だけど
かな。
12フレットの『120th anniversary』のインレイも特徴的で良いです。失敗作なら逆にマズイけどw

ちなみにUSでのうたい文句はというと以下。ギブソンの思惑にまんまとハメラレた....と言う事で。^^;
[Experience the Golden Age of the Les Paul!]
Gibson 2014 Les Paul Traditional Solidbody Electric Guitar at a Glance:
•'59 Tribute humbuckers take you back to Gibson's golden days
•The satisfying sustain of solid mahogany topped with premium maple
•'50s rounded neck carve gives you traditional chunkier feel

基本的にクリーントーンとクランチくらいに弾きます。特にサスティーンはテレキャスとの違いが明確でとても楽しい。^^v
でもこれはタップも出来ない癖物レスポール。カッティングなんて全然ダメよw
(クリーンでブリッジ側だけ、トーンを10にすれば何とかかな)
融通の効くギターならレスポールはスタンダードだし、元々の狙い通りにPRSのCustom24の方が良いけどね。

【ところが問題が.......でも】
ハムなのにノイズがデカイ! シングルのテレキャスを上回る。おかしい?! 購入した渋谷のG' Club SHIBUYA に見てもらったら本機が多少大きいものの同機種はいずれもノイズが出る事を確認。なんと導電塗料等のアース処置がしていないんだと。 (流石は本家の Les Paul Traditional!、Customに対して廉価版だから超手抜き。品質から行けば10万円以下? 現地平均的価格 $2,615...)
そしたら、なんと処置してくれるとの事。それも一般的な導電塗料やアルミ箔じゃなくて、銅箔。それもちゃんとアース線接続、ほれッ!

Lespaul-Noise.jpg

いずれにしろ自分でやっつけようと思っていたから、これはすごく助かった。侮れず、黒沢楽器。フロア担当もとてもCS度が高い!
(自分でやるなら幅広のアルミテープがおすすめ)

弦高調整やテールピースを少し下げてもらいチョークの感じも良くなった。もちろんノイズもね。ネックがしっかりしているのを選んだから、これで気持ちよく使い倒せるぞ〜 \^_^/

PS)箱にFujigenの住所が英語で貼ってあるけど、これって何だか知ってた?
Gibson-Fujigen.jpg

  

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 150CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access