ベック・ボガート & アピス の ライヴ・イン・ジャパン を聴く

なぜ今更の BBA(Beck Bogert & Appice) Live in JAPAN なのか? って言うと最近 復活してギターを弾くからね。楽しくなって来た。そこで以前はレコードで持ってたこれを久しぶりに買いなおしたって訳。
例によってギターをおもちゃの様に弄ぶ Jeff Beck。ベックのロックギターらしい時代最後の頃の演奏じゃないのかな。変な遊びが多いのもベックらしいよね。
この時代の無骨なロックのギターを味わえる素晴らしさは、やっぱり今聴いても楽しい!

これが発売になったのはkokotonPAPAが大学生の時、個人的にはジャズに好みの主体が変わっていた時期になるかな。古いよねぇ。でもこの時代をリアルタイムで味わえたのは最高だった。E.クラプトンのクリームが中学生、J.ペイジのツェッペリンが中学から高校、武道館のライブに行ったのが高校生だった。その二人に比べるとジェフ・ベックは、ギターを弾く人に人気があった気がするね。
もちろんバンドやってた。自分的に一番の最盛期にドツボだったのは C,S,N & Yのコピーだった。オープンDとかね。
ベックのJeff's Boogie は当時を思い出して弾くね。これはジャムる時に盛り上がるんだ。多少ヘマこいてもOK的なノリだよね。
ちなみにkokotonPAPAのギターのアイドルはMike Bloomfieldだけどね。

この再発盤は、Blu-spec CD2 とか言うリマスターなんだけどマスターテープのドラムが押さえ気味なのかな、少し弱い気がするね。

実はTim Bogert とCarmine Appice も思い出が大きい。所謂(いわゆる)ロックに目覚めた?のはバニラファッジから。小学生の時に土曜日の夜中にアメリカ制作の音楽番組があって、そこでKeep Me Hangin' Onの演奏を見てぶっ飛んだ。それまでクラシック以外はベンチャーズとビートルズ、後はヒットチャートのポップスくらいの音楽しか知らなかったからね。そこに居たのが、その二人。

そうそう、その後TVではBeat Pops、雑誌はMusic Life が海外ポップスやロック情報の定番になるんだ。今考えたらビートポップスは大橋巨泉、オヒョイこと藤村俊二、木崎義二、それにミュージックライフ編集長の星加ルミ子なんかも出てたよね。ウォーカーブラザースなんかも押してたなぁ、懐かし〜ぃ。
いやぁ、長生きしてて良かったw

それに、この歳でエレキギターが最高に楽しくなって来たし。あっ、年取って昔帰りしてる?



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access