ツェートマイヤーで 聴く Verklarte Nacht、最高の一枚

最近よくかけるのは、この2枚ですね。というか、以前からよくかけるCDです。今も一人、家に居るので大きめな音に浸っています。^^
Schoenberg-PelleasMelisande_VerklarteNacht.jpg

下のCD ダーリントン(Jonathan Darlington)によるペレアスとメリザンド(Pelleas & Melisande)は、以前紹介しましたが大好きな一枚です。
そしてもう一人、kokotonPAPAの大好きなヴァイオリニストのトーマス・ツェートマイアー(Thomas Zehetmair)が指揮をとり、音楽監督を任するカメラータ・べルンによる一枚です。

何と言っても表題曲の Verklarte Nacht (浄められた夜) です。なぜかもう一枚もシェーンベルクの初期作品(Op.4とOp.5)です。この二枚に共通するのは、シェーンベルクの初期作品にありがちな甘い後期ロマン派的な演奏でない事かもしれません。
ツェートマイヤーのVerklarte Nachtは、以前紹介したカラヤンのそれなどとはまったく違い、美しさよりも冷徹さです。不安感をも感じさせる その冷(さ)めた流れは最高です。
ツェートマイヤーのヴァイオリンの音色こそ、この解釈と演奏を作り上げていると言っても良いのではないでしょうか。
浄夜は、ストコフスキーの様なものも含めて様々なレコーディングがある訳ですが、これが最も好みです。
唯一の問題は、直訳過ぎて意味不明に感じる日本語訳のライナーノートですが、楽曲に関係ないのでよしとしましょう。

ヴェレシュ(Sandor Veress)の 「4つのトランシルヴァニアの踊り」はハンガリーの民族音楽をベースにしたクールな楽曲で、カメラータ・ベルンの演奏が四楽章のバラエティ豊かな中に冷静な美しさを見せて最高です。Verklarte Nacht からの流れもマッチしています。コンサートで楽しみたい楽曲ですね。
バルトークの影に隠れがちなハンガリーの現代音楽家 ヴェレシュ・シャーンドル(Veress Sándor [ˈvereʃˈʃɑ̈ːndor], 1907/2/1 - 1992/3/4)については、またの機会に。

バルトーク(Bela Bartok)の「弦楽オーケストラのためのディヴェルティメント」についても、同じ様にツェートマイヤーらしい素晴らしい演奏が楽しめますね。

もちろんお薦めの一枚です。



後日記:浄夜を個性派で聴き比べ:アルデッティ、ストコフスキー、マデルナ


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop


ご案内
カテゴリ
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access