クラウディオ・アバド逝去:アバド指揮 マーラー交響曲5番 聴き比べ 5録音

クラウディオ・アバド(Claudio Abbado)氏が逝去されました。20日朝、イタリア北部ボローニャの自宅にて亡くなられたとの事。
昨年2013年10月の80歳での来日予定が中止になってしまったのが今となっては大変惜しまれます。

今まで80CDを聴き比べたマーラーの第5番ですが、ここまでアップしていなかったアバド氏の録音5つで聴き比べてみます。マーラー第5番の聴き比べ#5になりますね。
(アップ予定で準備していたものでした…..)

【参考】
 ★:名盤 (一般的いわれている…と思う盤)
 ☆:個人的お勧め
 ○:とっても変わっています

[リスト] 現状のMahler Symphony No.5 の聴き較べです (現在 #11回 160CDまで)
 #11:10CD
 #10:10CD
 #9:15CD
 #8:15CD
 #7:10CD
 #6:14CD
 #5:5CD アバド追悼
 #4:20CD
 #3:25 26CD
 #2:20CD
 #1:15CD




アバド / ChicagoSO
[DG] 1980-2
 Claudio Abbado 47歳の時の Mahler Symphony No.5 です。重量級オケのCSOを率いた演奏ですね。ゆったりとした第一主題から響き渡る第二主題、展開がいい感じです。第二楽章は緩急の出し入れが効いた流れで美しささえ感じさせますし、後半の迫力は素晴らしいです。ただ解釈的には平凡で中だるみ的な退屈さも残ります。スケルツォは重めで疲れます。ここまで量感重視の演奏でなくても...、といった感じです。アダージェットは暗く沈んだ流れですが、やや消化不良気味でしょうか。第五楽章はナチュラルに盛り上げて行く自然な流れで安定感があります。後半の山場を迫力で盛り上げた後はパワフルかつ華やかなコーダで締めくくります。
・・・・・
久しぶりに聴いたらCSO色の強さを感じますね。


☆ アバド / London SO
[Lucky Ball] CD-R 1983-5
 非正基盤にはなりますが、アバドとLSOによるマーラー5番です。ChicagoSO[DG盤]の3年後、BPO[DB盤]の10年前のライブです。1983年5月は来日公演と同月ですね。まさかFM東京の放送? このアルバムには来日公演と同じラ・ヴァルスも含まれてはいますが....

緩い流れの第一楽章の第一主題、やや早めに展開する第二主題。第二楽章は流れの中にごく緩やかなアゴーギクを感じ、強音パートでの締まりが良い展開。続くスケルツォは例によって少々はぎれが悪いスタートなのですが、ライブのせいか迫力を増します。ホルンのオブリガートも表情豊かですし正規録音よりも明らかに躍動感がありますね。アバドらしくないと言ったら語弊がありますがコーダも良いです。
アダージェットは情熱的です。そのまま最終楽章も力感溢れる展開です。静かに立ち上げて行くのが普通ですが、始めから緊張感と躍動感を感じます。ラスト5分の山場とコーダ、ラストのアッチェレランドは圧倒的!
・・・・・
非正規録音信奉者ではないのですが、第三楽章からの展開には心を打たれるものを感じます。


★ アバド / BPO
[DG] 1993
 重厚なる組合せのマーラー第5番、第一楽章はまさに重厚にして壮麗。第二楽章も第一楽章の延長上にある演奏ですね。スローに入る美しいスケルツォは第一第二楽章との違いを見せながら進み、後半はペースを上げ気味にコーダを迎えます。しかし少々長さを感じてしまいます。
アダージェットは暖色系ながら静的展開です。第五楽章はやや速め、コーダの期待を膨らませるように大きなクレシェンドで展開して行きます。やや中だるみを感じますが、ライブとは言え最後のアッチェレランドまで冷静に締めくくります。その辺りはBPOなのかアバドなのか。
・・・・・
今更感想など不要の定番になりますが、個人的には今ひとつの感じかもしれません。


アバド / BPO
[RNW] 1995-5/9
 1995年 "Mahler Feest" でのAbbado BPO の演奏です。基本的にはDG盤と同傾向になります。全体的には、さらに纏まりの良さを見せる様になっていますね。気品を感じるといっても良いかもしれません。スケルツォ、アダージェット、ロンド-フィナーレ、の展開はBPOとの演奏ならこちらの方が好みです。特にラストのアッチェレランドは締まりが良く、ブラボーの嵐です。
・・・・・
これは "Mahler Feest / The World Listened"題されて、1995年5月にアムステルダム・コンセルトヘボウで行われたマーラー週間を16枚のCDに納められたアルバムに入っています。一般発売されていないのですが、海外サイト等を調べれば購入は可能です。但し、価格は破格になります。
(東京の某大手中古CD店で見つかれば、まぁそれなりの価格なのですが)



アバド / Lucerne Festival O
[Euro Arts - DVD] 2004
 ルツェルン祝祭管を振るアバドですね。CDでは出ていないのでDVDになります。ルツェルンのアバドだと色々な逸話がある訳ですが、ここでは記しませんのでググってくださいね。
第一楽章は重厚で切れ味があります。緩急はChicago響を思わせるところもありますね。第二楽章も流れよく続きます。ここでも迫力と美しさがマッチした良い展開です。スケルツォも始めは多少のモタツキ感があるものの緩急をうまく使って軽快さを感じさせます。オブリガートホルンも情感豊かです。ちなにみ主席ホルンは起立演奏ですね。息をつかせる間もない展開で見事にコーダへ結びます。
アダージェットもアゴーギクとディナーミクをうまく使い緩やかで大きな波を感じます。少々中途半端な感じがなきにしもあらずですが。最終楽章は緩やかにスタートして上げて行きます。惜しむらくは終盤の山場で多少の中だるみ、コーダのアッチェレランドが締まらなかった事。
・・・・・
DG盤2枚には無い、アバドの演じたかったマーラー第5番があった気がします。最終楽章のラストが好みならば、かなりいけるマラ5の一枚です。



アバド氏の冥福を心からお祈りいたします。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽

2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access