シェーンベルク「月に憑かれたピエロ Pierrot Lunaire」の聴き比べ #2

本年最後のUPになります。なんだか町の人出が今年は少ない様な気がしますが、どうですか。
今年最後は現代音楽らしさバリバリのこの曲です。現代音楽の歌曲といえば、意味不明で不気味? まさにこの曲の事でしょう。貴方がもし現代音楽って?なんて思われたら、この曲を聴けばすぐわかります。「なるほど、わからん」って (笑)

シェーンベルク (Arnold Schönberg, 1874/9/13 - 1951/7/13) のPierrot Lunaire Op.21 は現代音楽の代表作の一つですから、歌詞を見ながら楽しみましょう。古典的な機能和声の楽曲と違い、個性の違いを聴き比べる事でこの曲の持つ面白さが感じられると思います。^^;

[追記/現在までの比較20CD]
ブーレーズで聴く「月に憑かれたピエロ Pierrrot Lunaire」3CDs
◇「月に憑かれたピエロ Pierrot Lunaire」の聴き比べ #2 6CDs
「月に憑かれたピエロ Pierrot Lunaire」の聴き比べ #3 6CDs
「月に憑かれたピエロ Pierrot Lunaire」の聴き比べ #4 5CDs



◆指揮:Hans Rosbaud、ソプラノ:Jeanne Héricard 1957年
 語りかける様なシュプレッヒゲザングのメゾソプラノHéricard、演奏は寄り添う様に。歌詞の異常性は展開からは感じられませんね。落ち着いた流れのPierrot Lunaireです。
ブーレーズ/ピラルツィク盤と類似点を感じますね。もっともブーレーズはロスバウトに影響を受けているので、そうなったのかもしれませんが。




◆指揮:Simon Rattle、ソプラノ:Jane Manning 1977年
 ラトル指揮ナッシュ・アンサンブルによる演奏になります。Manningの声は表現豊かに変化し、細く可愛さを感じシーンからおどろおどろしい様子まで演じますが、表現はシャープです。演奏も切れ味があり、表現の豊かさは劣らず、対峙する様な展開になります。
Manningは現代音楽を得意とするので良い流れです。演奏とシュプレッヒゲザング両者に起伏があり、個人的にはこの曲らしさ、狂気、を感じられて好きな一枚です。
Jane Manningは他にもこの曲の録音を残していますね。




◆指揮:Josef Rufer、ソプラノ:Irmen Burmester 1949年 [mono]
 The RIAS Second Viennese School Project (ベルリンRIAS - 新ウィーン楽派プロジェクト)の新ウィーン楽派作品集 に入っている曲になります。
Burmesterのシュプレッヒゲザングはスタートから全開、感情表現豊です。演奏は、録音の関係もあるかもしれませんが、サポート的です。抑揚はさほど感じませんが、その分 シュプレッヒゲザングの直球の様な「ピエロ...」ですね。悪くありません。
この復刻アルバムは、当時の現代音楽の隆盛さを感じられますね。ちなみに面白いカバーフォトはPaul Klee (1924)の水彩画です。




◆指揮:Robin Engelen、ソプラノ:Jacqueline Janssen 2003年
 柔らかな表現、歌う様な表現、切れ上がる表現、テクニカル的にシュプレッヒゲザングを操る Janssenのピエロです。演奏も、録音が新しくて良いのもあり、透明感があり感性の豊かさを感じます。
聴いていて楽しい Pierrot Lunaire があるならば、これでしょう。
※日本版には和訳のライナーノーツが入っているのですが、それよりも和訳の歌詞を付けるべきでしょうね。せっかく良い作品なのに。




◆指揮:Giuseppe Sinopoli、ソプラノ:Luisa Castellani 1997年
 表情豊かな Castellani に対して、アンサンブルも刺激的に並立する展開です。悪くなく、良い出来なのですが この曲としては今ひとつ平凡という感じが拭えません。逆に言えば、この曲のイメージ通りの演奏かもしれません。シノーポリらしく綿密解釈の演奏でしょうし、人気投票があれば上位でしょう。
価格もお手頃で和訳も入っていますから、この辺りから始めると言うのがイイかも。




◆植田克美(pf)、ソプラノ:畠中恵子 2001年
 プロデュースも兼ねる畠中恵子さんは、トーンが低く語りが強いシュプレッヒゲザングです。第2部、第3部での狂気を感じさせるパートでもやや高音に弱い感じがします。
N響メンバーで構成されるアンサンブルは一体感というよりも個々の個性のぶつかり合いの様に感じます。ちょっと全体のマッチングが良くないかな。


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access