アイスラーのドイツ交響曲を聴く

ハンス・アイスラー (Hanns Eisler, 1898/7/6 - 1962/9/6) はドイツの現代音楽家です。シェーンベルクの新ウィーン学派から離れて、政治的な音楽家として東ドイツの国家も作曲していますね。

このドイツ交響曲(Deutsche Sinfonie, 1939年)は、デッカから退廃音楽シリーズ(Entartete Musik)として出ていた一枚です。

調性に幅のある音楽です。全体的に調性感は薄いのですが、所々で思い切り古典的なffパートが出現したりします。歌曲パートでは、言葉を明確に伝えようとする傾向が顕著です。
曲調は重苦しさを主体にした展開で、「反ファシズム抵抗カンタータ」という呼び名にふさわしい感じがしますね。実は歌詞がその様な内容なのです。
PraludiumからEpilogまで11楽章にわたる歌詞(3, 6, 10楽章には歌詞はありません)を見ながら曲を聴くと、この音楽の楽しさを感じられなくなってしまいます。各楽章名もドイツ語では良くわかりませんが、英語になるとわかります。当時の政治色の強い音楽です。
その手の世界がお好きな方の音楽かもしれません。標題音楽の一つの例かもしれませんね。

Lothar Zagrosek 指揮、Gewandhausorchester Liepzig の演奏です。
アイスラーの見た目がロジェヴェンに似ていると思うのは私だけ?




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access