2013年11月15日 ソヒエフ指揮のN響 と ベレゾフスキーのピアノ ★

若手指揮者ソヒエフと人気ピアニストのベレゾフスキーのコンサートがHNKホールでありました。オケはもちろんHNK交響楽団です。
当然なのですが、そうそういつも良い演奏に出会える訳もないですね。今回は少々残念な結果でした。
2013-11-15HNKhall_01.jpg 2013-11-15HNKhall_02.jpg

ボロディンの「中央アジアの草原で」は長閑(のどか)で好きですね。弦楽器のピチカートがとても良い感じで響きます。でも8分程度の短い曲なのであっという間に終わって、可もなし不可もなしですかね。

今回の見所ベレゾフスキーのラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」は、超有名曲。エキゾチックな楽曲ですが、ベレゾフスキーのピアノに冴えが見られませんでした。席の位置も関係しているかもしれませんが、軽々こなすベレゾフスキーのピアノにシャープさが見られません。オケがそれなりだとしても主役が引き立たないと….。
もともとベレゾフスキーのピアノが、それほど好きでもないと言う処にも聴く側の問題があったかも。(汗)

メインディッシュ、プロコフィエフの「交響曲 第5番」は好きな楽曲ですね。クールな主題が楽章毎に並ぶこの曲のポイントは、各楽器のパートが明瞭に分かれて見晴らしの良い展開です。残念ながら、演奏は渾然としてモヤモヤ。第二楽章の途中までは良い感じに思えましたが。

全体的に興味の薄いコンサートになりました。まぁ、あまり書く事もありません。
しかし現場では、ラフマニノフとプロコフィエフはブラボーと大拍手喝采。kokotonPAPAの好みでなかっただけなのか、はたまた駄耳の証明か。(笑)



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽

2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access