スカルコッタスの Violin Concerto, Largo Sinfonico, 7 Greek Dances を聴く

ニコス・スカルコッタス(Nikos Skalkottas, Nίκος Σκαλκώτας, 1904/3/21 - 1949/9/19) はギリシャの現代音楽家です。ドイツに習い、その一時期はシェーンベルクのクラスでも学んでいます。ベースは無調・十二音技法と、ギリシャ民族主義になります。
ヴァイオリン協奏曲は十二音技法による作品です。1938年の作品で、楽曲の流れが良く 旋律が優先されて構成されて、技法はその手段として使われているのでとても広がりを感じます。vn:Georgios Demertzis
Largo Sinfonico は1944年の作品で十二音技法を使っていますが、一曲目同様に音の羅列にならずに一定の旋律と流れを感じます。第二交響組曲の一部として作られたものになる様ですが、少々長い気がします。
ギリシャ舞曲はスカルコッタスの代表曲で、小曲の集まりになります。ギリシャの舞曲をベースにリズミカルな楽曲で、現代音楽の一つの流れである民族主義の作品です。個性的で素晴らしい曲と後期ロマン派手風な曲が入り交じっていますね。無調ではありません。
北欧系の現代音楽に通じるものを勝手に感じていたのですが、オケがMalmö SOだったんですね。そしてヴァイオリン協奏曲、Largo、ギリシャ舞曲の一部が世界初録音になります。ヴァイオン協奏曲などは、コンサートで取り上げたら楽しみな楽曲になりますね。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。

ご案内
カテゴリ
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access