2013年9月28日 大友直人/東京交響楽団、マクミランとホルスト ★

東京交響楽団のマクミラン「十字架上のキリストの最後の7つの言葉」、そしてホルスト「惑星」のコンサートをサントリーホールで観てきました。
20130928SuntoryHall01.jpg 20130928SuntoryHall02.jpg

先日書いた通り、個人的メインはマクミランでした。その時に書いた通りで、やはり宗教曲は聴く方にも要求されるものがあると再確認しました。一曲目ではコーラスもまとまりに欠け、オケ(弦楽)とのバランスも合わずに、どうなる事かと思いました。でもその後はそれなりだったと思います。これ以上のコメントは事前と変わりませんね。

惑星は大編成のオケになりますが、それが逆に働いた気がします。やや締まりが無い感じがしました。その為に大音響の火星、木星、天王星は迫力よりもうるさい気がしてしまいました。また、金星や海王星は冷たく静な気配が好きなのですが、やや暑苦しい感じがしました。でも破綻をきたした楽器があった訳ではないので指揮者 大友直人さんの解釈なのでしょう。聴く方の好みによって分かれるのかもしれませんね。

残念ですが、終了直後に帰宅の途に着きました。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access