次週9月20日のコンサートを前に、イブラギモヴァの BEETHOVEN Violin Sonatas - 3 を聴いておこうかな

2013年9月20日(金)のイブラギモヴァ(Alina Ibragimova / vn) & ティベルギアン(Cedric Tiberghien / pf) のコンサートを控えて聴きました。このCDと同じ演奏になります。当然、発売されたベートーベンのヴァイオリン ソナタ第1集〜第3集に合わせた演奏曲目にしたのでしょうね。

1曲目のViolin Sonata 第6番(Op.30-1) も当日の一曲目です。これはまず曲調がkokotonPAPAにはキツイですね。楽しみ聴きに行く楽曲としては、対象外になってしまいます。
2曲目のViolin Sonata 第3番(Op.12-3) が当日も2曲目で、一番このDuoと合っていると思います。イブラギモヴァに興味を持ったのはシマノフスキ、ラヴェル/ルクーで、その細く切れる様な音色でした。そういう音色とティベルギアンのピアノとの掛け合いもバランスが良いと思います。コンサート当日は休憩前の演奏となると思いますが、これを聴きたいですね。
3曲目はお馴染み第9番クロイツェル(Op.47)です。これは困りました。聴く前から予想した通りで、Duoのキャラクターと今ひとつ合っていない気がします。最近では樫本大進のライブが良かったですし、CDになると超有名どころが並びます。個人的には大胆さ、アルゲリッチの様にピアノの絡みでも、が無いと面白みが無い曲だと思っています。さて本番ではどうでしょうか。

聴いて行かなくても良いのですが、わりと近い年(2010年)のライブであり、その発売に合わせているなら聴いた方が楽しめそうです。
ベートーベンの楽曲を買う事は殆ど無いので、基本的にコンサートが無ければこのCDは買わなかったと思います。そう言えばこの前に買ったのも樫本大進のヴァイオリン ソナタでした。^^;




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access