[現代音楽]オネゲルのSymphonies No.2, No.5, と Pacific231 を聴く

フランスの現代音楽家アルテュール・オネゲル(Arthur Honegger, 1892/3/10 - 1955/11/27) の交響曲をブラッソン指揮、トゥールーズ・カピトール響で聴きましょう。数多くの交響曲集の中では古い演奏ですが、リマスタリングでこの情熱的な演奏がとても聴きやすくなったのは嬉しい事です。
オネゲルというとフランス6人組や代表作「火刑台上のジャンヌ・ダルク」で有名でしょうか。kokotonPAPA的にはオラトリオは苦手ですが。
(スイスにも籍があったり、6人組からは抜けたりとかいろいろある様です)

好きな楽曲、交響曲第2番は弦楽曲になります。一二楽章の陰鬱な世界はペッテションと共通するものがありますね。三楽章形式で、調性はあります。第二楽章では不協和音が強くなり陰鬱な世界をうまく演出しています。
交響曲第5番は第一楽章の入りから暗さと絶望的な展開です。オネゲルの真骨頂ですね。第二楽章では軽さも見せて、第三楽章で先鋭的な不安感をかき立てながら静かに終息します。
代表曲の パシフィック231 (Symphonic Movements [PACIFIC231])は蒸気機関車の名前からとっているくらいですから、そのものを表現しています (音まねではありません)。巨大なSLが動きだし徐々にスピードを上げて爆走、停止までを虚構表現されてオネゲルさしさ満点!
この交響曲セットはとてもお買い得ですね。ジャケット写真はパシフィック231からのイメージでしょう。お薦めの一枚です。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop


ご案内
カテゴリ
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access