FC2ブログ

アッテルベリの Symphony No.7, Symphony No.8 を聴く

スウェーデンの作曲家、クット・アッテルベリ(Kurt Magnus Atterberg, 1887/12/12 - 1974/2/15)は現代音楽と言うよりも北欧系交響曲のイメージでしょうか。ロマン派バリバリですね。後期ロマン派ではありません。
この交響曲第7番と第8番はアッテルベリ後期の作品(第9番がラスト.......!)です。
第7番は第四楽章が廃棄されてしまっています。副題に"Sinfonia Romantica"とある通りのコッテリと壮大なロマンチック交響曲です。第三楽章のコーダも最終楽章がないとは思えない〆になります。
第8番も壮麗な美しい交響曲で、スウェーデン民謡が主題で使われているのも特徴的です。旧来の交響曲に似て、同じ旋律の繰り返しが展開されています。そして第二楽章にアダージョ(7番はアンダンテ)を持って来て一呼吸つくのがパターンですね。もっと陶酔的に繰り返しを持ち込むと面白い気もします。
中途半端に古くさい感じを拭えませんが、たまにはこの様な毒の無い楽曲を聴くのは良いのかもしれません。Rasilainen指揮のCPOレーベルが著名ですが、今回はJurowski指揮MalmöSO盤です。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

Author:kokoton
.
    



後期ロマン派以降、現代音楽とマーラー交響曲(#5, #6, #9)を中心に楽しんでいます。


[2017年12月9日]
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。




ようこそ
カテゴリ
ありがとう