アラン・ペッテションの Symphonies Nos 3 & 4 を聴く

アラン・ペッテション(Allan Pettersson, 1911/9 /19 - 1980/6/20 ペッタション他の表記あり) は交響曲で有名なスウェーデンの作曲家ですね。kokotonPAPAも気になる作曲家の一人です。本来的には、まず第3番と第4番をカップリングしたこのCDを紹介する事はしないでしょう。でもこれは1900年代生まれの近現代音楽家らしい交響曲です。このブログ的にはペッテションの紹介はここからになりますね。調性は振られてはいません。無調の展開です。
この二曲はペッテションにしては短く、手探りで作られた作品に感じますね。ペッテションが好きな方にとってはあまり好まれない二曲かもしれません。この方向性を伸ばすのをやめたのは個人的には残念な感じです。もちろんその後のペッテションらしい展開を感じる部分は随所に散見されます。二曲間での曲風の変化も興味深いですね。個人的には第3番の方が好みですが。(2番はもっと強力です)
第5番以降の感情過多的苦渋の世界の様な交響曲のイメージがあるペッテションの中にあって自由度の高い交響曲だと思います。
アラン・ フランシス指揮、ザールブリュッケン放送交響楽団による演奏です。


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽

2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access