FC2ブログ

カール=ビリエル・ブロムダールの Symphony No.3/Sisyphus/Forma Ferritonans/"...The Journey On This Night" を聴く

先日も紹介したスウェーデンの現代音楽家Karl-Birger Blomdahl (1916/10/19 – 1968/6/14)の晩年の作品集で、構成は十二音技法になり調性はありません。
Symphony No.3 "Facetter"(なぜかアルバムによってスペルが異なるが、こちらの方が多い) は今回はSixten Ehrling指揮、Stockholm POになります。ブロムダールの代表作ですが、個人的には繊細さを感じるセーゲルスタムの方が好みです。でも楽曲が素晴らしいので甲乙つけがたいですね。ライブでぜひ聴きたいものです。
Sisyphus, Suite はギリシャ神話のシーシュポスの話を元にした組曲です。曲風は十二音技法をベースにストラビンスキーの影響を感じます。指揮がドラティなのでよけいそう感じるのでしょうか。神経質っぽい展開が面白いですね。
Forma Ferritonans は多少実験音楽的な志向が感じられます。アンビエントっぽい音のうねりがクレシェンドしていく。そしてブロムダールらしい強烈なピークを迎えると後は集束して渦巻く。
"...The Journey On This Night" は、Erik Lindegren の詩を元にして作られています。この年代の作品になると強烈な音の展開もさることながら、和声的展開を見せる様になりますね。その中にYuri Ahronovitch の歌が所々トーキング的になりながら入ります。典型的な現代音楽的パターンの一つでしょう。好きな展開です。詩は空間と時元に関わる話です。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

Author:kokoton
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。




カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう