カール=ビリエル・ブロムダールの Symphony No.3/Sisyphus/Forma Ferritonans/"...The Journey On This Night" を聴く

先日も紹介したスウェーデンの現代音楽家Karl-Birger Blomdahl (1916/10/19 – 1968/6/14)の晩年の作品集で、構成は十二音技法になり調性はありません。
Symphony No.3 "Facetter"(なぜかアルバムによってスペルが異なるが、こちらの方が多い) は今回はSixten Ehrling指揮、Stockholm POになります。ブロムダールの代表作ですが、個人的には繊細さを感じるセーゲルスタムの方が好みです。でも楽曲が素晴らしいので甲乙つけがたいですね。ライブでぜひ聴きたいものです。
Sisyphus, Suite はギリシャ神話のシーシュポスの話を元にした組曲です。曲風は十二音技法をベースにストラビンスキーの影響を感じます。指揮がドラティなのでよけいそう感じるのでしょうか。神経質っぽい展開が面白いですね。
Forma Ferritonans は多少実験音楽的な志向が感じられます。アンビエントっぽい音のうねりがクレシェンドしていく。そしてブロムダールらしい強烈なピークを迎えると後は集束して渦巻く。
"...The Journey On This Night" は、Erik Lindegren の詩を元にして作られています。この年代の作品になると強烈な音の展開もさることながら、和声的展開を見せる様になりますね。その中にYuri Ahronovitch の歌が所々トーキング的になりながら入ります。典型的な現代音楽的パターンの一つでしょう。好きな展開です。詩は空間と時元に関わる話です。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽

2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access