エルンスト・クルシェネクの Symphony No 3 と Potpourri を聴く

昨日に続いて Ernst Krenek (1900/8/23 - 1991/12/22) で交響曲第3番とオーケストラのためのポプリです。
交響曲第3番は第1番の翌年に完成しています。良く言われるのは同年に作られた第2番との対比(それにつていは後日)。そしてその通り、かなり洗練されたアプローチに感じられます。
三楽章構成で、第一楽章が約24分で最も長いアンダンテ、ゆっくりと盛上げて行き最後はpppで締めくくられます。第二楽章が約9分のアダージョで基本的に一楽章と似ている展開、第三楽章が約10分半のアレグレット。全体として調性感は緩く所々でメロディーラインが残るので曲は聴き易いですが、楽曲としてはやや締りのない物足りなさを感じますね。
また、オーケストラのためのポプリ(Potpourri, Op.54)は1927年につくられた分かり易い楽曲。いろいろなミュージカルをごちゃまぜにした様な、といわれるのがまさにピッタリ。なぜこれを作ったのか不明? (笑)

演奏はこれも浮ヶ谷 孝夫指揮、ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団です。演奏のレベルは高いですね。


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access