M.T.トーマスとLSOでラヴェルのスペイン狂詩曲を聴く

ラヴェル(Maurice Ravel, 1875/3/7 - 1937/12/28) のこのCDはボレロで知られていると思うけど、一番好きなのは何と言ってもスペイン狂詩曲(Rhapsodie Espagnole)。第一楽章 Prélude à la nuit ”夜への前奏曲” の主題(F-E-D-Cis)が第三楽章以外には繰り返し用いられている事が特徴的。特に第一楽章には全編に使われる。モットーテーマの様だ。
また第一楽章にはクラリネットとファゴットのカデンツァが採用されている。完全な独奏ではないのでわかりずらいが。通して この楽章がとにかく印象的。
面白い処は第三楽章のハバネラ(Habanera)。ご存知の通りこの曲だけはピアノ曲として既に存在していて、それを管弦楽化して四楽章のスペイン狂詩曲が作られたのだが、そのピアノ曲をArthur Hoereeによる管弦楽化とソプラノサックスで演奏した楽曲が次にHabaneraとして入っている。これも興味深い。(個人的には、そちらよりも第三楽章の方が好きだ)
全体はラヴェルらしい静的で透明感と幻想的な旋律と間が実に美しい演奏。そして第二第四楽章では躍動感が現れる。そのメリハリ感のバランスが良いね。
ボレロとの組合せとしてよくカップリングされているので数はあるけど、今回はお気に入りの一つ M.T.Thomas, London SO による演奏です。

ボレロは思い出がある。高校生の頃にボレロのレコードを購入したらライナーノートに「この様な俗世化した曲をクラシックと呼んで良いか.....」の様な件が書かれていた。なんと勘違いの狭い了見なんだろう。それ以来クラシックの論評は見ない。そもそも自分では何も創造出来ない人間の戯言なのだ。
それに 大切なのは自分がどう思うか?!だからね。「他人の意見に左右されない」「古い世界に浸らない」と言う良い勉強をした。^^v



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 150CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access