ストラヴィンスキーの「春の祭典 (for 2 Pianos)」をアシュケナージとガブリーロフで聴く

ストラヴィンスキー(Igor Fyodorovitch Stravinsky、1882/6/17 - 1971/4/6)の 春祭2Piano4Hands を重鎮アシュケナージ(Vladimir Ashkenazy)と気鋭のガヴリーロフ(Andrei Gavrilov)が弾いています。

1曲目のScherzo a la russeは短いけど楽しい曲。本来楽しいテーマでは無いのですが、曲調がいいですよね。ピアノは右がアシュケナージ、左がガブリーロフの様ですが、その個性を明確に判別する事はできません。ガブリーロフはショパンのEtudesなんかではかなり速く弾くのはわかっているのですけどね。(Etudes Op.10のNo.4とか)
Concerto for 2 pianosは絡み合う様なピアノが楽しめます。打鍵の強弱も適度にありますが、それがPianoDuo演奏の熱演を呼ぶほどでもない感じです。Sonata for 2 pianos は端正なソナタで、流麗に終始する感じ。
メインの春の祭典(Le Sacre de Printemps)がやっぱり一番楽しいですね。Ritual of the Rival Tribes あたりから楽しいのですが、もっとペースを乱すぐらいの興奮が欲しい気もしますね。全てが二人の計算範囲内の感じしちゃいます。残念ながらオーケストラ版を上回る様な楽しさは見いだせませんでした。
ピアノの連弾と言うと、どうしてもアルゲリッチが浮かんでしまいますが、同じストラヴィンスキーだとルガーノ2010年の「火の鳥」は素晴らしかったですね。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。





カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう