デヴィッド・マレイの Be My Monster Love を聴く

もう一枚新譜のジャズ。デヴィッド・マレイ(David Murray)、なんと懐かしい。kokotonPAPAが大学の時に新人で出て来たんだよ。凄いブロウするサックスだった。
彼のインフィニティ・カルテット(David Murray Infinity Quartet)なんだね。
しかし一曲目の出だしで驚いた。これってコルトレーンじゃないの? 昔のマレイとは全然違うじゃん?! ピアノもマッコイ・タイナーみたいだし。後半で少しブロウの効いたサックスが現れるが、昔みたいなガッツの入った感じじゃないんだね。Stressologyあたりは"らしい"演奏だが、圧倒する音圧が感じられない。表現がうまくないが、とても聴き易くなっちゃった?
それなら、タイトル曲のメイシー・グレイ(MACY GRAY)のしゃがれた女性ボーカルの方が俄然面白い。グレゴリー・ポーター(GREGORY PORTER)だとR&B色濃いヴォーカルで、それはそれで楽しい。マレイのカルテットにBobby BradfordのTpが入ったThe GraduateがQuartet(+1)なら楽しい楽曲。
なんだかマレイのイメージと違う。新人の時に買った赤いジャケットのヨーロッパレーベルだったような....あれっGeorge Adamsと間違ってるかな? レコードは全部売り払っちゃたから覚えてないけど......ま、いっか ^^;




テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access