アムランの Live at Wigmore Hall を聴く

マルカンドレ・アムラン(Marc-André Hamelin)の1994年ロンドンのウィグモアホールでのライブ。演奏曲目もコンサート用に準備されて、ピアノ曲マニア系の作品を初めとするバリエーションを楽しめる。
ヴィルトゥオーゾの面目躍如的アルバム。世にはびこる?アムラン教信者御用達の一枚。^^;

1曲目:ベートーヴェン - ピアノ協奏曲第3番第1楽章 [アルカン:トランスクリプション(編)&カデンツァ] は余裕をもった演奏。アムランならではの冷静沈着さを前面に押し出すセッション録音とは一味違う。やはりライブになると血の通った演奏になるのか。それとも1990年代半ばまでの情熱を隠さない演奏なのだろうか。いかにも古典らしい楽曲ながら凄い演奏。この曲にあまり興味がわかないのが残念....
2曲目:ショパン - ピアノ協奏曲第1番からRomanza [バラキレフ編] はアムランが常に言う様に超絶技巧系だけでなくエモーショナルな演奏も入れているのだろう。悪い事無いが面白くもない? いかにも所謂(いわゆる)ショパンらしい楽曲をそれらしく弾く。もちろんショパンのEtudesの様な曲をこの構成の中で入れる事はないはず。やるならゴドフスキーの編曲版だろうし。
3曲目:アルカン - 3つの大練習曲 からアムランらしいピアノ曲が並ぶ。 左手ー右手ー両手、という三曲構成のこの曲。単純に、片手で弾いているとは思えない演奏。とは言い過ぎか。そして両手になる3曲目はこれ見よがしの超絶技巧パート。テクだけでなく細かいディナーミクも付けたり、まぁ凄いとしか言いようがないのが事実。コンサートで観てたら引きつけられる事間違い無し。これでいいんじゃないかなぁ。
4曲目:ブゾーニ - Sonatina (カルメン幻想曲) 第6番 はのっけから超絶技巧系で突っ走る。途中からはカルメン(Bizet)のメロディーに乗って艶やかな演奏を繰り広げる。そして静かに曲は締めくくられる。
5曲目:メトネル - Forgotton Merodeis 組曲第1集 第3曲 Danza Festiva は短い楽曲。超絶的演奏から入り、そのまま弾き倒す。

ピアノのヴィルトゥオーゾらしい技巧を見せつける演奏。最近のアムランは新しいヴィルトゥオーゾ像を目指しているのかわからないが、乙に澄ました様な無関心的超絶技巧を見せている。でも、ヴィルトゥオーゾはどこかにショーマンシップを持つ事だと思っているからね。ただの超絶技巧ならロールピアノでいいじゃないの。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access