カトワールの Piano Music をアムランで聴く

ジョルジュ・カトワール(Georges Catoire, 1861/4/27 - 1926/5/21)フランス系ロシア人ピアニストの作曲家。作風はロマン派と言って良いと思う。スクリャービン、ラフマニノフとほぼ同年代。
アムラン(Marc-André Hamelin)による再評価活動によって見直されているのは間違いない。kokotonPAPAもアムラン以外での所有は無い。本CDでは作品番号順に並んでいるので、作品が変化して行く様子が分かり易い。
まずは流麗な楽曲が第一印象。ヴィルトゥオーゾと言う事になるが、初期作品にはそういった曲風には見えない。少なくとも超絶技巧系での演奏を全面に打ち出す事はなく、ゆっくりと落ち着いて楽しめると言って良い。全体に似通った官能的な美しさを見せる。
変化を見せるのはOp.8のVision(Etude)から。技巧系の流れと曲調の変化が見えてくる。この辺からがアムランの意図する処なのかもしれない。その後も印象的な楽曲に変化し、年代的にダブるラヴェルやドビュッシーに近い印象もしくは影響を感じる。Op.17辺りからはコンプレックスになって、Op.24 Chants de crepuscule 辺りでは更に音数を減らした印象的な流れに変化して行く。Op.34 Poeme, Prelude では若干ながら調性を越えようとする意図が感じられる。kokotonPAPA的にはOp.34 Poemeに良さを感じるが、それ以上の期待値も無い。
作品を追う毎に変化を見せると言う点ではスクリャービンやシマノフスキに似ているが、最後まで調性を排する事は無い。そう言った意味では時代を超えるものではない作品と言う事になる。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。

ご案内
カテゴリ
ありがとう