オペラ:カウフマンのローエングリン、'12/'13ミラノ・スカラ座開幕公演

ゴールデンウィークはオペラ。録画していた'12/'13ミラノ・スカラ座開幕公演、'12年12月7日のカウフマンのローエングリンを今日観た。^^;
10121207-01.jpg

現在最高のローエングリンのタイトルロール、カウフマンのヘルデンテノール。クラウス・グートの演出は好みではない。そのくらいの感じでしょう。それほどのローエングリンとも思えませんでした。オルトルートに期待するのがこの作品だけど、エヴェリン・ヘルリツィウスは少々薹が立ち過ぎ。悪役っぽさも不足。
ローエングリンはもう少しカウンターテノールっぽい方が好き。カウフマンは良いのですが、テノールとしてはやや低めな気がします。
ローエングリンの様に最も良く見るオペラの一つになると、好きなパターンが決まって来るので先入観が勝ちます。と言う事でキャスティング等の細かい事は飛ばして... ヾ^^;
10121207-02.jpg

スタートシーンが特徴的。オルトルートが手にした靴から水を流しだす。これはゴッドフリード王子をエルザが水死させた濡れ衣のイメージなのでしょう。そして、その後も幼少時代のエルザとゴッドフリードと、白鳥になったゴッドフリードが印象的に出てくる。
第三幕のエルザがローエングリンの素性を迫るシーンではなぜか沼。後は、やたらと舞台で崩れる様に倒れるシーンが多い。一番納得しずらいのがローエングリンがオドオドしている事。そして一人だけ裸足。(第二幕の途中まで) とにかく聖杯グラールの騎士とはほど遠い。そもそもローエングリンは、あの無知で無垢なパルジファルの息子のはず。
バイロイト歌劇場のネズミの国といい、バイエルン歌劇場の家を建てるのといい、最近の演出は奇を衒った様な傾向が強くてつまらない。正統な騎士道的な観点が合うと思うんだけどなぁ。オペラは演出がかなりの比重を締めるだけに、個人的にはつらいね。

バレンボイム指揮だけど オペラの場合、演奏は前奏曲くらいしか印象に残らない。本人の満足度は高かったようだから良い演奏だったのでしょうね。
しかしヨナス・カウフマンは、以前来日が中止になったのは残念だったね、チケット高額だったのに。^^;

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽

2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access