2013年4月21日 小泉/都響のチャイコフスキー第5番 と シュポルツルのドヴォルジャークvn協奏曲 ★★★

雨が降り四月の中旬とは思えない寒さの中、六本木のアークヒルズのお隣サントリーホールへ行って来ました。雨上がりのカラヤン広場。春らしい陽気ならアークヒルズのテラスでランチだったのにねぇ。
20130421roppongiARK-KarajanPlatz.jpg

しかしその天気を打ち払う様な 小泉和裕指揮、都響のチャイコフスキー5番は素晴らしかった。前半のドヴォルジャークのヴァイオリン協奏曲での締まった演奏を聴いて期待は出来ましたね。これは楽しみ、みたいに。
かなり練習を積んだのではないでしょうか。乱れの無いパート、マエストロ小泉の解釈を団員が共有している事は明らかな演奏。
そして、そつなく纏めただけではない キレの良さと爆裂的興奮。あえていうなら第三楽章が平坦に感じられた事くらい。面白かったのは、第三楽章と四楽章は切れ目無く(一拍はあったかな)演奏していた事。
チャイコの5番はマーラーの5番などと同じで、曲自体がうまく盛り上がるので快演に感じてしまう事はあるんだけど今回は凄かった。

そして前半のパヴェル・シュポルツルのヴァイオリンも良かった。何気なく演奏しきるコンチェルト。とにかく楽々と弾き熟してしまう。アンコールはパガニーニのカプリースから5番。まるで絹を裂く様なグリッサンドの音色。ヴィルトゥオーゾらしさを見せつけてくれた。青緑色のヴァイオリンは聞いてはいたがこれまた驚き!

今日は良い演奏会でした。^^v
20130421TMSO-Koizumi.jpg


テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 150CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access