FC2ブログ

カロル・シマノフスキの The Complete Music For Violin and Piano を イブラギモヴァ のヴァイオリンで聴く

シマノフスキ(Karol Szymanowski、1882/10/6 - 1937/3/29)は良いですよね。以前ヴァイオリン協奏曲第1番の聴き較べを紹介しています。
ポーランドの現代音楽作曲家。現代音楽と書くと反論が出るかもしれませんが、ただの民族音楽と転調多調ではありませんね。このアルバムでも調性の薄い音楽が良くわかります。

これはロシア人Violin奏者, Alina Ibaragimova。Pianoは, Cedric Tiberghien です。主役はヴァイオリンソナタのようにイブラギモヴァのヴァイオリンです。シマノフスキはヴァイオリン曲がいいですね。


■「夜想曲とタランテラ Op.28」Nocturneでは幽玄なイブラギモヴァのヴァイオリンの繊細な音とティベルギアンの寄り添うようなピアノが良いですね。リズミカルなTarantellaは切れ上がるヴァイオリンの迫力を味わえます。
■「神話 Op.30」は三楽章で、この様な音がシマノフスキの神髄だと思います。神秘的かつ幻想的であり現実感のない世界で、音数の少ないヴァイオリンとピアノの流れです。調性はありません。La fontaine d'Arethuse と Narcisse は静けさと幽麗、Dryades et Panは少し上げて不安感的な要素が流れてきます。
■「ロマンス ニ長調 Op.23」も短いですが一二曲目と同系統の曲になり好きですね。
■「ヴァイオリン ソナタ ニ長調 Op.9」はOp.9と早い時期の作品で、ロマン派的な抑揚がありコンサート向きな楽曲です。
■「3つのパガニーニのカプリース Op.40」は "24のカプリース"から三曲(20,21,24番)にpfの伴奏を付けたものですね。特徴的で人気のNo. 24 in A minor などシマノフスキらしからぬメロディーラインの楽曲ですが随所に特徴が織り込まれて楽しく聴けます。
■「アイタコ・エニアの子守唄 Op.52」はシマノフスキらしい細い音、単音の並びから奥深い流れが楽しめます。

これは、お勧めの一枚ですね。

個人的にシマノフスキのヴァイオリンは好き嫌いがはっきりします。細く切れる様な幽麗さが好み。超絶技巧的痛快さで弾き倒されてもちょっと違う気がします。好きなのはThomas Zehetmairとかですね。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

Author:kokoton
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。




カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう