fc2ブログ

クロノス・カルテットで聴く、リストとベルク、ウェーベルンの静音無調の音楽

一曲目のAt Grave of Wagner はリストがワーグナーの死を悼んで1883年に作曲した小曲ですね。S 135, R 474(リストの作品はもちろんサールNo, ラーベNoです)で、リストが最後にたどり着いた現代音楽の源 1886年「無調のバガテル(S.216a/R.60c)」にいたる前夜とでも言うべき静音の世界ですね。
ここで言う無調とは"移調の限られた旋法"の事で、完全なる調性の破壊である無調とは異なりますね。リストファンなら 1881年の Nuages Gris (S.199) でも同一方向性の音楽を既に進めていた事はご存知の事でしょう。神業的ピアニスト、調性の可能性の拡張、そして楽曲、全てがリストの凄さを表していると思うのは現代音楽好きとしては、その源流と思ってしまいます。
また、リストとワーグナーの関係は知られる通りの流れがあるので興味深いですよね。

二曲目のベルクの弦楽四重奏曲は無調の四重奏曲で、クロノスの世界が広がります。しかし、完全無調というよりも十二音技法的配列を感じるかもしれませんね。静音系の楽曲です。
三曲目 ウェーベルンの5つの断章。これも無調で、ベルクと同じ様にその後に十二音技法からセリエルへの架け橋となるわけですね。呼吸を感じると言われる微妙な間はここでも素晴らしいですね。この流れが後の欧エクスペリメンタリズムへとつながるわけですね。

・・・・・

このCDは一曲目を別扱いにするべきアルバムかもしれません。二・三曲目はクロノスの素晴らしい無調のカルテットが楽しめますね。しかし、一曲目の3分足らずの At Grave of Wagner は存在感を含めて現代音楽の父であるリストを回顧しているのかと感じます。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます