FC2ブログ

2013年3月18日 カンブルラン/読響のマーラー第6番 ★★

サントリーホールのシルヴァン・カンブルラン=読響のマーラー交響曲第6番「悲劇的」へ行って来ました。
20130318suntoryhall.jpg

どうなるかと心配した第一楽章。オケのもたつき あらわ。トロンボーンは音量コントロールできず、ホルンはスットンキョな音を出す。弦楽器ももっそり。
でも第二楽章の途中から見事に立ち直り見晴らしの良い演奏になりましたね。最終楽章はかなり良く、巨大編成のオケの迫力を見せつけてくれました。華のある読響の良いところが出た感じかな。
曲の解釈的には特別な感じはなかった、特に興奮的とか怨念的でもなければ、スローやあっさり的でもない。適度な緊張感を漲らせた演奏。

嬉しかったのは第二第三楽章の演奏順。一般的な「スケルツォ」-「アンダンテ」の順ではなくアンダンテを先に持って来た。この方が第一楽章と主題がかぶるスケルツォが離れるし、スケルツォの終わり方は第四楽章に合うと思っているから。アンダンテは流れる様な美しさよりも勢いを感じさせる演奏だった。
最終楽章のハンマーは打楽器群中央に鎮座し、2発でしたね。ハンマーはごく普通の木槌でしたが、良い音出してました。^^

カンブルランの指揮スタイルは好きですね。読響もタクト通りに音出しして気持ちよかったです。最近は一拍遅らせて音出しするドイツ風?が見られますが、やっぱりタクト通りの方が安心します。


テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます