ロクシーンの Symphony 4, 3 Scenes from Faust を聴く

アレクサンドル・ロクシーン(Alexander Lazarevich Lokshin, 1920年9/19/ – 1987/6/11)、シベリア生まれのソ連時代の反体制派の作曲家。作風は後期ロマン派。いわゆる無調の様な現代音楽ではありません。ミャスコフスキーに師事している影響は大きいですが、個人的にはロクシーンの方が好きかな、より陰鬱的ですから。
第4番は9つの小曲からなる交響曲で、曲風は前述の通り。十二音技法や無調ではありませんが、不協和音的な音の配列は明確で それが緊張感と陰鬱感を伝えますね。特に弦楽器に様相が強いです。
ブレーメン・フィルハーモニー管 (Bremen PO)、ミシェル・スヴィエルシェヴスキ (Michel Swierczewski) 指揮による演奏です。
ヴァンダ・タベリー (Vanda Tabery) がソプラノで入る「ゲーテのファウストからの3つの情景」も基本的な曲風は同様。歌はオラトリオ風かな。
どうして人気がでないのか不思議なロクシーン。お勧めです。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 150CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access