今考える、中途半端な平和は正常か

相手に勝つ事。これが全ての進化と生存の源。捕食者はより獰猛で理知的に。被捕食者は圧倒的数で避けるか、逃げ果せるスピードか、静まりかえる擬態か、知性的には劣る。それでは被捕食者が絶滅する機会が多いか。違う。それは過ぎたる捕食者も同じ道を辿る。互いの進化は必須。生き残りの為の進化の力比べだ。生き残る事そこ全て。そこに半端な平和など入る余地はない。

人間には手段という手がある。武器、兵器だ。人間の技術力はそれを飛躍的に向上させた。原始的な生命体は、現在人間にまで進化した。それは戦いの果て。では平和は手にしたか?

人間以外の生命体は、選ばれた物だけが生き残れる。身体に問題が起れば、直接的に死に結びつく。
人間は思考と技術を得たおかげで、物体的には生き延びれない個体さえも生きさせる。人間だけが異なる部分。進化の一端だろか? それは平和を手にしたのか。

今この時も、人間対人間、人種間、宗教間、国と国、人は戦う。生命体の本能は殺傷の世界を常に地球上のあらゆる場所で発生させている。直接的殺傷にならずとも経済戦争の様に身の回り全ては戦い。進化した人類(仮にそれが進化だとして)の今でもなんら変わらない。
全ては相手に打ち勝つ事が生きる基本だ。勉強しかり、スポーツしかり、仕事しかり、全ては比較という戦い。
常に勝者と敗者がいる世界に変わりはない。人間が手にした技術。その頂点にいるのは兵器の技術。戦いの技術。最新テクノロジーは国家を巻き込んだ兵器産業から進化して行く。戦略・戦術は軍隊=国家の考え。全ては戦い争いに勝つ事が基本。

勝ったものだけが生命体の存在に貢献した事になる。勝者こそ存在理由。
中途半端な平穏と平和だけを信じたい日本人に一番欠けている問題。
被捕食者サイドで攻撃をかわすアイディアを研ぎすますか、捕食者サイドで知恵を絞るか、いずれに生まれても新しい事にチャレンジし貢献せずして生きる理由なし。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access