シャルル・デュトワで ラヴェル の「マ・メール・ロア, Ma Mere L'oye 他」を聴く

美しいラヴェル作品集、Charles Dutoit と モントリオール響で聴いてみて下さい。
デュトアはこの手の曲のタクトを振らせると本当に端整に美しいですね。クリュイタンス? それも悪くないかもしれませんが、美しいと言う表現ではないかと。これはモントゥーの系譜といった感じでしょうか。
個人的には一曲目のマ・メール・ロアはピアノの連弾で、それ以降はピアノ独奏曲としての印象が強いです。マ・メール・ロアは本来ピアノ連弾曲で作られ、そこからバレー曲にもなっているんですよね。(マザーグースを題材にしているのは有名な話)

しかしデュトワがここで聴かせる美しさは現実感を超えた世界、まるで違う楽曲のようです。「高雅で感傷的なワルツ」は、本来の攻撃的な演奏さえも優美に聴かせます。全体の曲の構成が良いのも言うに及ばず。ボレロ、ラ・バルスが入るCDだとまた違いますが。
モントリオール響と喧嘩別れしたのは本当に惜しい。しかしデュトワは喧嘩ネタが多いですね。初めに結婚していたアルゲリッチとも喧嘩別れだった様な。(余計なお世話?!)^^;

アマゾンを見たら安くなっていました。当時はドイツ盤での日本発売で3,500円。でも、良く見ると曲目が一部変更されています。オリジナルに入っていた「亡き王女のためのパヴァーヌ」は無くなって、「バレエ≪ジャンヌの扇≫~ファンファーレ」と「古風なメヌエット」が代わりに入っています。
「ボレロ」や「亡き王女のためのパヴァーヌ」はポピュラーになりすぎてクラシックじゃない!なんて言うご意見が出そうですが、これは個人的に痛いですね。
両方とも良い曲ですが、このCDの構成では「亡き王女のためのパヴァーヌ」の美しさが際立ちますから。



それならジャケットは異なりますが、海外盤の方が同曲編成でお薦めかも。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。

ご案内
カテゴリ
ありがとう