マクミランの Tenebrae を聴く

現代音楽家 James MacMillan (1959/6/16 - ) の宗教曲になる。現代音楽家は宗教曲を取り上げる事が多い。グバイドーリナなどもそうだ。タイトルには New Choral Music by James MacMillan とあるが、現代音楽的合唱曲集ではない。
全曲アカペラの純粋な聖堂音楽。たまにはこういう曲を聴いてみる。しかしそれ以上でもそれ以下でもない。ハレルヤ、アーメン、とか言われても...なのだ。歌詞がある曲は言葉を理解しないと全く意味をなさない。BGMとして曲だけを聴く? 個人的には意味をなさない。
この手の音楽を気軽にコメントするなど考えられない。このCDは宗教曲、そのものの音楽。現代音楽という範疇には無い。それは、その宗教の本質を知らずして曲の意味を見ないと言う事なのだ。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 150CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access