リストの 「巡礼の年」 をベルマンで聴く

現代音楽に興味を持つきっかけとなったのはピアノの超絶技巧系の曲からなのですが、当時聴き込んだピアノ曲は、リストやラヴェル、ラフマニノフといった作曲家のピアノ独奏曲でした。

Franz Liszt の Annees De Pelerinage (巡礼の年) はkokotonPAPAにとってピアノ曲の原点の一つです。1848年 - 1867年にわたるリストのピアノ独奏曲の系譜版になるわけですね。
そして、この曲の中の美しい流れはラヴェルやラフマニノフに影響を与えている事は感じられるわけで、リストと同年代のシューマンやショパンとは少し違いますね。
静音を中心とした曲に技巧曲が挟まれていてピアニストの表現力が要求されるわけですが、好みはヴィルトゥオーゾ Lazar Berman (ラザール・ベルマン) です。古いですかw

第一年スイス。
"泉のほとりで Au Bord d'une Source" はラヴェル/ラフマニノフに繋がる曲調ですね。続く超絶技巧曲 "嵐 Orage" への展開はピアノ曲の素晴らしさを満喫出来きます。そして "オーベルマンの谷 Vallée d'Obermann" につながります。第一年のメインパート。

第二年イタリア 補遺ヴェネツィアとナポリ。
沈鬱な二曲からつながる "サルヴァトル・ローザのカンツォネッタ Canzonetta del Salvator Rosa" の楽しさ。元は歌曲の "ペトラルカのソネット Sonetto del Petrarca" 三曲は硬質にして静美なベルマンのピアノの音を楽しめます。そして代表曲の一つ、難曲の "ダンテを読んで:ソナタ風幻想曲 Après une Lecture de Dante: Fantasia Quasi Sonata" へ。
補遺のヴェネツィアとナポリは三曲を一つの曲として聴くと、とてもバランスの良い名楽だと感じますね。

第三年。
名曲 "エステ荘の噴水 Les Jeux d'Eaux à la Villa d'Este" が含まれています。この曲が与えた影響は言わずもがなでしょうね。でも単一曲としてどうかと言われれば、これだけが有名になる理由も不思議な感じもあります。
実は孫娘に捧げられた一曲目の "エンジェルス!守護天使への祈り Angélus! Prière aux Anges Gardiens" も美しい名曲だと思います。

リストの「巡礼の年」、心穏やかに聴きたいピアノ独奏曲ですね。少々長いのが気になりますが、一気に聴くのがおすすめです。同様にラヴェルのピアノ独奏曲も、独奏曲集として全曲通しで「巡礼の年」の様に聴くのが好きですね。

それにしても3枚組で新品1,399円(本投稿時)とは驚き。

mp3のダウンロードが簡単かな。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。





カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう