2013年1月11日 N響崩壊のジンマン日本公演、マーラー第7番 ★

2ヶ月ぶりのコンサートは、NHKホールで 楽しみにしていたZinmanのMahler No.7。
2013ZinmanNHK.jpg

終演後の演奏者紹介でテノールホルンとトランペットにブーイングがあった。
確かに金管楽器、テノールホルン、チューバ、トロンボーン、トランペットには眼を覆うものがあった。
これほどなのは近年久しぶりだ。そして最悪は木管のピッコロ。脳天を突き破る様な奇音。流れを台無しにした。

マーラーの交響曲第7番はkokotonPAPA的には3番と並ぶ、マーラーの交響曲の中では好きなナンバー。第二・第四楽章にNachtmusikが配されて「夜の歌」と別名を持つ。転調が続き、一風変わった主題の旋律も楽しい。9番の様に感情移入してこそ、と言った様な解釈を避けても悪くないのがこの7番だ。
そんな訳で最近ではDavid Zinmanとチューリヒ・トーンハレ響の演奏がお気に入り。クールな演奏だ。特に第四楽章は大物管楽器が入らない事をうまく使って薄い音で構成する。そして爆発的な最終楽章。だから今回も楽しみにしていたのに......

今回のコンサートも大型の管楽器が入らない第四楽章だけは救われた。ホルンは普通の出来だったからね。
しかしCDの様なクールな演奏というよりも太い流れを感じた。心配されたギターとマンドリンの音量も最後にはそれなりのバランスに鳴ってくれていた。
でもこの楽章以外をここで書くつもりは無いなぁ。だれでもわかる第一楽章のワルキューレっぽさと第五楽章のマイスタージンガーの気配。最終楽章のコーダもアッチェレランドで華々しく終演するので本来なら大ブラボーだったはず。まぁ、こういう事もある。
アンコールが有ったかはわからないが、かなりの人が帰宅路についたのは事実。


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

確かにトランペットとテノールホルンは酷かった。
トロンボーンはうまかったと思うけど。

そうですね

ホルンもまぁまぁでしたね。^^v
プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽

2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access