カレヴィ・アホ の Symphony No. 9 / Cello Concerto を聴く

Kalevi Aho (1949/3/9 - ) はフィンランドの現代音楽家。と言っても軸足は新古典主義にある。
交響曲9番は"トロンボーンと管弦楽のための"と副題が配されているが、特に気にする必要性は感じない。雄大なフィンランドを感じさせる三楽章からなるSymphonyに仕上がっている。打楽器の使い方がとてもうまい。
チェロ協奏曲、第一楽章の展開は交響曲9番と似ている。そこへGary Hoffmanのチェロが入る。ホフマンのチェロは控え目な演奏でオケと協調する。二楽章はポリフォニック、ポリリズムを交えて豪快に展開する。この辺りは現代音楽風になるかもしれない。コーダの恐ろしいpppp静音は何だろうか?!
フィンランドを代表する指揮者 オスモ・ヴァンスカ(Osmo Vanska)と、フィンランドのラハティ市・シベリウスホールに本拠を置くラハティ交響楽団(Lahti SO)によるフィンランドの素晴らしい作品です。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access