FC2ブログ

スメラ の Symphony No 5 Music for Chamber Orchestra In memoriam を聴く

Lepo Sumera (1950/5/8 - 2000/6/2) はソヴィエト(現エストニア)の現代音楽家。エレクトロアコースティック、電子音楽といった世界も展開するが、本CDは管弦楽曲になる。
交響曲5番は、十二音技法による対位法をシェーンベルクから学んだ作。弦楽器のトレモロは、それだけでなく米国系現代音楽の香りがする。不安感を醸し出しながら繊細な展開を見せる。
Music for Chamber Orchestra も同様な展開になる。そしてIn memoriam。いずれも調性を排してはいないので大きな違和感は無いと思う。繊細、冷徹的な音階が気持ちよい。
パーヴォ・ヤルヴィ(Paavo Jarvi)指揮、マルメ交響楽団(Malmo SO)による。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。





カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう