2012年11月19日 M.T.トーマス Live at サントリーホール ★★☆

M.T.ThomasとS.F.響のアジアツアー。最終の日本公演。良かった。

TilsonThomasInJapan01.jpg TilsonThomasInJapan02.jpg

ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲が★★☆
マーラー:交響曲第5番の一二楽章が★★★、三四五楽章が★★。全部合わせて★★☆です。

ラフマニノフは、ユジャ・ワンのピアノの後半の超絶的豪腕に、トーマスとサンフランシスコ響の盛上りが重なって素晴らしい演奏となった。もともとこの曲は最後に向けて盛上げて行くパターン。初めからパガニーニらしいテクニックを散りばめたピアノでオケが緩やかに上がって行く。そこにトーマスのクール解釈だから初めかなり緩め。
しかし、初めはテクだけかと思ったユジャ・ワンのピアノは最後は強烈に走った。
今年観たピアニスト、オット、ブニアティシヴィリと較べたら一番。曲が良いせいかもしれないが。例によって大胆なドレスで登場していた。
Yuja Wang の同演奏CDに較べると席の問題でピアノの生き生きとした音色を感じられない。それは差し引くとしても、切れ味はCDの演奏よりも良いと感じた。ピアノコンチェルトはいずれ席位置が大きく左右する。




マラ5はCDに較べると、作られた様な透明感と華は減り、その分この顔ぶれによる演奏の円熟さが明らかに結実していた。特に一二楽章の完成度は高い。管楽器の素晴らしさは格別だった。特にホルンの独奏はgood。
解釈も、五楽章をマーラーが三部に分けたのを的確に演奏。具体的には一二楽章と四五楽章は、三部作の一部と三部として続けて演奏された。
特徴的なアゴーギクも第五楽章の入りの部分などは同様だが、無機質的な演奏から息吹を感じる演奏になった気がする。それがベターなのかは別としても。
事前に聴き較べをしたマラ5の20CDの話はこちらから




アメリカのオケは面白い。団員の関係者が客席に居てステージ上で話をしたり、打楽器奏者は演奏中に準備したりする時は動きが目立たない様にするのが普通だが、前々お構いなし。初めのチューニングも通常だと管楽器が先で、弦が後だが、それも逆。
ちなみにM.T.Thomasの指揮ぶりはやや小柄な身体全体を使った面白いスタイル。

ユジャ・ワンのアンコール、プーランクはなんとトーマスとの1-piano,4-handsの連弾!
これは大受け! トーマスはソニー時代のCDでピアノも弾いていましたよね。
トーマスは拍手に応える時にユジャ・ワンの真似をしてピョコッとお辞儀をしてみせたり、腕を組んだりと、エンターテイナーぶりとかつてのプレイボーイぶり?を発揮していた。

最後はマラ5なので大ブラボーと拍手の嵐。3度4度とステージに引き出され、最後は眠いのよ、とポーズをしてコンマスを連れて戻ってお開きとなった。
十分に楽しい演奏会でした。

TilsonThomasInJapan03.jpg

テーマ : コンサートに行きます&行って来ました♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access