アルゲリッチとフレイレの ON 2 PIANOS を聴く

Martha Argerich と Nelson Freire がまだ40代、バリバリの時代のピアノ連弾集。ラフマニノフ、ラヴェル、ルトワフスキー、の三作曲家の連弾曲を楽しめる。レコード時代から所有していた。
アルゲリッチはルガーノでも、よくピアノの連弾を演奏する。個人的にも2-Pianos は好きだね。
リマスタリング?で音も澄んだ音色になって楽しめる。
曲は、Rachmaninovの Suite No. 2, Op. 17、 Ravelの La Valse、 Lutoslawskiの Paganini Variations。ラフマニノフの優しさ、ラベルの技巧系も良い。でも、このCDでは やっぱりルトワフスキーの「2台ピアノのためのパガニーニの主題による変奏曲」がいいね。この曲だけが不協和音や調性に変化があり、楽しい。
それにしてもこの二人の鳴らすピアノの素晴らしさ!




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。

ご案内
カテゴリ
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access