マイケル・ドアティ の Metropolis Symphony を聴く

アメリカの現代音楽家 Michael Daugherty (1954/4/28 - ) の「メトロポリス交響曲」は、スーパーマンが登場して50年になるのを記念?して作られた管弦楽曲。
不協和音を配した交響曲で、いかにもアメリカ的。無調にはなっていない。ホイッスルやサイレンを使っているのは、スーパーマンのイメージであるN.Y.を想像させる。なんとなくサントラ盤っぽい楽曲。
いわゆるClassicalなSymphonyの様な曲調ではない。アクロバティックなドン・シャン曲調とでも言えばいいだろうか。最終第五楽章だけは、物悲しいホルンから入るタンゴ調の楽曲で曲の構成もひねりが利いていて面白い。明確なコーダがあり分かり易い。

もう一曲は、「Deus Ex Machina(機械仕掛けの神)」と題されたピアノ協奏曲になる。こちらも基本は同じだが、ピアノが縦横無尽に鍵盤を叩きまくるコンチェルトになっていてオケとの駆け引きが楽しい。個人的には、こちらの方が好み。第二楽章Train Of Tearsはアダージョ的な位置付けになっていて、美しい楽曲で構成もいい。第三楽章はジャジーな展開で、いかにもアメリカ作品っぽい。

演奏はG.ゲレーロ/ナッシュヴィル響になる。将に今の時代の交響曲と協奏曲で、楽しく聴ける一枚です。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。

ご案内
カテゴリ
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access