至極のライブ、ギドン・クレーメル at サントリーホール 2012年10月31日 ★★★

今日はサントリーホールで最高のコンサートを楽しんで来た。

ギドン・クレーメルatサントリーホール 2012年10月31日

★★★、それは3曲目と、アンコールのクレーメル。とにかく素晴らしかった。

一曲目のシューマン:チェロ協奏曲 イ短調 op. 129 のバイオリン ヴァージョンでは、初日だし、演目も演目だからしかたないか....と言うくらいクレーメルらしくない。
二曲目、ブニアティシヴィリのピアノも期待ほどとは言えず。アンコールがリストだったので期待したが、テクを披露するパートも目を見張るものは見当たらなかった。ソロのコンサートへ行くべきかもね。

しかし、三曲目、クレーメルのベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op. 61。これはバイオリニストの技量でかなり差が出るので多少は期待していた。しかし、期待を遥かに上回る。と言うか期待通りにスーパーなと言うべきか、クレーメルの世界が展開された。
高音に細く切れ上がる、バイオリンを鳴らし倒す。エモーショナルから爆裂的演奏まで。
特にカデンツァは驚異的、超絶的。これぞクレーメル。プログラムを見たら、カデンツァはシュニトケ編を採用していた。現代音楽の雄アルフレッド・シュニトケとなれば、ベートーヴェンの様な古典でも全く異なった次元の音楽になる。超絶系の現代音楽だ。
万雷の拍手を受けてのアンコールは、これまた現代音楽家ギア・カンチェリの "黄色いボタン" 。細いバイオリンと鉄琴の澄んだ音(マレットだけでなく弓でも弾く)。これまた最高!

最後の二曲は、生きてて良かった! と思わせてくれた。
それにクレメラータ・バルティカが素晴らしかった。1stバイオリン:7人、2ndバイオリン:6人、ヴィオラ:5人、チェロ:4人、コントラバス:2人、ティンパニ・鉄琴:1人、の構成ながら分厚い音を響かせてくれた。

選曲からすると、11月5日(月)のグヴァイドゥーリナ、イザーイ、バルトーク、の方が絶対にいい。今回はブニアティシヴィリのピアノに誘惑されてしまったが、今回最高の演奏は多分この日に聴けるだろうね。


テーマ : コンサートに行きます&行って来ました♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。





カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう