お薦め! ジェームズ・マクミランの Why is this night different を聴く

James MacMillan (1959/6/16 - ) はスコットランドの現代音楽家であり、指揮者でもある。
Why is this night different を含む4曲の室内楽曲で、エンペラー弦楽四重奏団による演奏。2曲目にはクラリネットのRobert Planeが加わる。
Emperor String Quartet の演奏は強烈。一曲目 Why is this night different で爆発的な弦の音を響かす。無調にして凶暴な音と、幽玄な調べ。二曲目 Tuireadh はいきなりのクラリネットの咆哮! それに合わせる様に弦が切れ上がる。なんという不思議な組合せ。しかし実に合う。高音の切れる様な弦楽が凄い。
三曲目は弦楽四重奏曲1番と題される Visions of a November Spring も同様な展開だ。豪快強烈な音の洪水と、薄い刃物の様な弦音。これを行き来する。強音には異常性さえ感じる。
最後は四分余りの小曲 Memento。静かさ、これは調性も残しつつ美しい。
現代音楽とString Quartet は実に合うと思う。クロノス!と言いたいところだが、エンペラーもかなり良いのだ。このアルバムはぜひボリュームを上げて音の中に浸って下さい。狂気を感じられるかも。(笑)
これまたkokotonPAPAの好きな作曲家 James MacMillan。超お薦めの一枚!


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽

2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access