ジョン・アダムスの Harmonielehre を聴く

米国の現代音楽家 John Adams (1947/2/15 - ) の表題曲「ハルモニーレーレ」は、ミニマルではあるがアダムズらしいオリジナリティがある。もちろんジョン・ケージ、スティーブ・ライヒとは違うし、同じオーケストレーションのミニマルのフィリップ・グラスとも違う。
ミニマルベースに不協和音系の音の流れを作るからだろうか。ミニマルの感覚は非常に薄い。ポストミニマルと呼ばれる事もある。

曲調的には舞台音楽的な傾向が強い。「ハルモニーレーレ」の一部もストラヴィンスキーの火の鳥を思わせる様な感じが散見される。一方で「チェアマンズ ダンス」の前半などはミニマル色が強く入り、途中からはその気配を消したり出したりで面白い。

緊張感あふれる管弦楽に見え隠れするミニマリズムがなんとも心地よいです。スケールの大きい音楽を楽しめます。
演奏はサイモン・ラトルと当時の手兵バーミンガム響の豪華版。kokotonPAPAの好きな作曲家、その一枚です。ぜひ聴いて欲しいですね。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access