インゴルフ・ダールの The Music Of Ingolf Dahl を聴く

Ingolf Dahl (1912/6/9 - 1970/8/6) はドイツ生まれの現代音楽家で、アメリカ在住。弟子にはM.T.トーマス 等がいる。このアルバムの指揮もそのトーマスによる。
一曲目の「アルトサックスと吹奏楽のための協奏曲」は代表作で、無調ではなく新古典主義的色合いで聴き易い。サックスと聴いて苦虫を噛みつぶした様な顔をする必要も無い。悪くない展開の三楽章からなるオーケストレーションだ。
その他 楽曲も同系統の色合いで、違和感は少なく(無調様な楽曲のイメージに較べると)楽しめると思う。個人的にはBGMでかけておいても良い感じ。ただ、当然ながら不協和音が多いのでダメな人はダメでしょう。??!!
最後の The Tower Of Saint Barbara が四部構成で一番面白い。
オケはNew World Symphony。

そう言えば、T.トーマスも手兵SFPOを率いて来月来るね。もちろんこっちも行きます。マーラーのNo.5ですね。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access