FC2ブログ

インゴルフ・ダールの「The Music Of Ingolf Dahl」を聴く

ドイツ名ヴァルター・インゴルフ・マルクス、インゴルフ・ダール(Ingolf Dahl, 1912/6/9 - 1970/8/6)はドイツ生まれのアメリカ人現代音楽家ですね。ケルンで学び、スイスから米国に移って1943年に米国籍を取得しています。従って活動の中心も米国(西海岸)で、弟子には指揮者のM.T.トーマス等がいますね。このアルバムの指揮もそのM.T.T.ですね。

一曲目の「アルトサックスと吹奏楽のための協奏曲」は代表作で、無調ではなく新古典主義的色合いで聴き易いですね。サックスと聴いて苦虫を噛みつぶした様な顔をする必要も無いと思いますw 悪くない展開の三楽章からなるオーケストレーションです。
その他 楽曲も同系統の色合いで、調性的違和感は少なく(無調の様な楽曲のイメージに較べると)楽しめると思います。個人的にはBGMでかけておいても良い感じでしょうか。ただ、当然ながら不協和音が多いのでダメな人はダメでしょうw
最後の「The Tower Of Saint Barbara」が四部構成で一番面白かったですね。

オケはNew World Symphony。(知見がありません)

そう言えば、M.T.トーマスも手兵SFPOを率いて来月来日予定。マーラー第5番ですからチケット手配済みですね。





テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

Author:kokoton
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。




カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう